話題の機能性表示食品から、気になる商品をサプリ編集部スタッフが実際に1か月試し、そのリアルな変化や体感を皆さまにお届けするするスペシャルレポート。今回は「コンピュータ作業の多い方に」と表示された「特濃ミルク8.2カボチャミルク」を1か月試してみた結果をお届けします。

「おやつ」なら続けられるはず、キャンディなら簡単?!

機能性表示食品が次々と発表される中で「機能性おやつ」とカテゴライズしても良いくらい、今までのおやつに機能性成分の付加価値がプラスされた商品が続々と登場しています。今回は編集部の40代男性がUHA味覚糖から発売されているキャンディ「特濃ミルク8.2カボ
チャミルク」で、アイケアが本当にできるのか、1ヶ月チャレン
ジしてみてくれました。そもそもこの商品を選んだ理由は「もと
もと近視や乱視で視力に問題があり、最近は年齢の問題なのか近
くが見えづらいと感じ、仕事上、ほぼ終日パソコンを使用してい
るのに、夕方以降に辛いと感じることが増えてきたから」と言い
ます。

キャンディなら、気がついた時に気軽に口に入れれば良いですし、時間も決めずに、しかも業務時間内に「食べるアイケア」ができ
るわけですから、キャンディで機能性成分を摂り入れるのはサプリメントで摂取するよりも自分のライフスタイルにマッチしていると思ったそう。

毎日キャンディを食べるのは簡単ではなかった…

実際、効果を体感するために「摂取目安量の1日4粒は食べる」「時間は決めない」を独自ルールとし、1ヶ月継続摂取にトライ。1週目は何も変化を体感できず、でも「食べることは大変ではない」と続けられたといいます。しかし2週目になると「飽きてきたかも…」「うっかり食べ忘れた時はまとめて4つ食べるので、血糖値が上がってクラクラする」と弱気な発言が出てきました。しかも3週目に入っても何の変化も感じられないというのです。そこで、そもそもこの商品の機能がどんなものであるかを改めて確認してみることに。

商品のコンセプトや含まれるルテインとは?

「特濃ミルク8.2カボチャミルク」に含まれる機能性成分は「ルテイン」です。ルテインとはほうれん草や青汁で有名なケールなどの緑宝飾野菜に含まれるカロテノイドの一種で、私たちの体内にも元々たくさん存在していて「抗酸化」の役割を果たしてくれています。特に私たちの目の中にある黄斑という組織の中にはたくさん存在していて、紫外線やPC/スマホなどのブルーライトを浴びることによって生じる活性酸素から目を守るために重要な役割を果たしています。

光刺激から目を守る成分であるため「体内のサングラス」とも呼ばれるほど重要な成分であるルテインですが、残念ながら体内で合成されることはないため、食事からの摂取が必須となります。加齢とともに増える黄斑変性症や白内障もルテインの減少が関係しているとされます。目の健康を維持するためにもルテインの1日の摂取目安量は少なくとも6〜10mgとされますが、ブロッコリーで摂ろうとするならば3.5株にも相当するとされ、食事からだけで摂取するのは難しく、やはりサプリメントでの摂取が推奨される成分の一つでもあります。「特濃ミルク8.2カボチャミルク」は摂取目安量の4個を食べることで6mgのルテインが摂取できるため、1日分はギリギリカバーできる計算になります。

コントラストって何?ルテインは必要だと再認識!

そしてルテインの効果効能として期待されることが「コントラスト感度を改善する」ということ。コントラスト感度とは、はっきりと輪郭を持たないものや濃淡のはっきりしないものをどれくらい識別できるか、という能力で、この力は加齢とともに衰え、特に45歳以降で急速に低下することがわかっています。

またルテインは黄斑だけに存在しているわけではなく、例えば皮膚にも存在して光や酸化のダメージから守ってくれていることや、目の健康効果を体感したいのであれば、食事やサプリメントから摂取したルテインはすぐに黄斑部分に届くのではないため、同じく黄斑部分に存在しているゼアキサンチンも一緒に摂るべきであること、それらの成分を目に届けるアントシアニンなども一緒に摂る方が効果的であること、さらにタバコを吸っていたり、すでに目の状態が低下している人は6mg(日)でも摂取量が少ないことがわかりました。

やめてみて理解できた、ルテインの効果!!

いろいろ調べてルテインの機能や摂取目安量を理解し直したところで、摂取している時としていない時の違いを確認するために、一度思い切って「特濃ミルク8.2カボチャミルク」を食べるのを3日ほどやめてみたところ、なんと業務中に視界がぼやける、白いモヤモヤが出てくる(1ヶ月のチャレンジ前から気になっていた症状の一つ)、目がしょぼしょぼしてきて目薬を使わずにいられない、といった変化が現れてきたといいます。つまり、特に変化を体感しないと感じていた「特濃ミルク8.2カボチャミルク」キャンディですが、やはり食べていることで目の疲労感が軽減されていたり、コントラスト感度が高まっていたりしたことを、食べないことによって気づけたというのです。

ルテインをしっかり摂りたいならサプリメントも◎

1ヶ月チャレンジを終えての感想は「PC業務やスマホ使用時間の長い人、それによって日中や夕方は目が疲れやすい人はルテインを摂った方がいい」「ルテインは最低ラインの6mgでは少ないくらいなので多く含まれているものがより良さそう(副作用は特に報告されていません)」「ゼアキサンチンやアントシアニンなどの成分が入っているものの方が、吸収率が良さそう」「おやつで摂取するのはあくまで補助であり、本当に目の状態を整えたいならサプリメントで摂取した方がスムーズで続けやすく、飽きることがない」。といったところです。

「特濃ミルク8.2カボチャミルク」を1日4つ食べても摂取カロリーは77kcalと少なめですが、やはり男性にはキャンディを1日4つ食べるというのは習慣化しづらく、あくまでサポートとして個数などを決めずに食べる方が自然。しかしルテイン摂取は続けたいとのことで、別のサプリメントを探して続けるといいます。またデスクに置いておけば気になる時に補給できるので、ルールは決めずに「特濃ミルク8.2カボチャミルク」も時々食べたいと話してくれました。

1ヶ月間試してみた評価は?(3段階中) 継続性★★☆ 経済性★★☆ 体感性★★☆ 美味しさ★★★

<商品ページ>UHA味覚糖「特濃ミルク8.2カボチャミルク」

writer:サプリ編集部