写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2017年3月31日(以下すべて現地時間)、同社のオープンソース開発プロジェクト向けWebサイト「CodePlex」を2017年12月15日に終了することを、公式ブログで明らかにした。CodePlexは2006年6月にサービスを開始し、16,000人以上のコントリビューター(参加者)を集めてきたが、同社はVisual Studio CodeやTypeScriptなどをOSS(オープンソースソフトウェア)化し、GitHub上で公開していることから、その役目を終えたとしている。

既にCodePlex上で新規プロジェクトの作成は停止し、2017年10月からはCodePlexへの投稿も停止させて読み取り専用に移行。そして12月15日のシャットダウンに至る。Microsoftはサイトをシャットダウンする前に完全バックアップを実施し、読み取り専用になった時点にすべてのプロジェクト(ソースコードやドキュメントなど)をMarkdownやJSONといった一般的な形式で提供するという。現時点でこれらのアーカイブ終了日は定められていない。

MicrosoftはGitHubと連携して、CodePlex上のプロジェクトをGitHubにインポートするための機能を用意。また、CodePlex Wiki上には移行方法を手助けするドキュメントも用意した。Microsoftは近年オープンソースへの取り組みを強化し、2016年11月にはThe Linux Foundationとの新たな連携を発表し、自社パブリッククラウドであるMicrosoft Azure上でのOSSサポートを強化している。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)