(David Stanley/Flickr)

写真拡大

 春秋の時代、郯子(たんし)という若者がいました。彼は年老いた両親と暮らし、心を尽くして彼らの世話をしていました。両親は共に目を患っており、郯子はとても気になっていました。しかし、彼はいつも「ご安心ください。必ず何とかします」と言って、両親を慰めました。

 ある日、郯子は鹿の乳で目の病気を治せるという話を聞きました。彼は早々に家を出ると、町で鹿の皮を購入し、危険を顧みず山奥に入って行きました。

 鹿の皮を被った郯子は鹿の群れを見つけると、すっとその群れに紛れ込み、母鹿から乳を搾り取りました。家に持ち帰って両親に飲ませ、病状が改善するよう祈りました。その後、郯子は毎日山奥に入り、同じ方法で母鹿の乳を絞りました。

 ある日のこと、郯子が鹿の群れに紛れていると、突然2人の猟師が現れました。猟師たちがまさに彼を目がけて矢を放とうとしたところ、郯子が慌てて「待ってください!」と叫びました。猟師が動きを止めると、そこには鹿の皮を外した郯子が立っていました。郯子は、猟師たちに事情を説明しました。

 彼の孝行心に感動した猟師たちは、自ら持っていた鹿の乳を彼に差し出しました。

(翻訳編集・豊山)