スパイダーマンの衣装は「トイレが大変」

写真拡大

トム・ホランドスパイダーマンの衣装は、着るのに45分要するという。

8月11日に日本でも公開となる映画「スパイダーマン:ホームカミング」でタイトルロールを演じているトムだが、その衣装を身に着けるのは容易ではないようで、撮影中にはトイレに行くタイミングを計るのが大変だったそうだ。

Variety.comとのインタビューで、衣装を着るのにどれだけの時間がかかるかたずねられたトムは「場合によるね。それぞれ違う意味を持ったバージョンに別れているんだ。スーツの下にハーネスも着なくちゃいけない時は、たぶん合計45分くらいかかるね。でもハーネスがなければ、25分くらいかな」「一番難しいのはトイレさ。事前に計画を立てなくちゃいけないからね。『45分後にトイレに行きたくなるかもしれないから、脱がないと』って感じになるんだ。でももちろんすごく高級なスーツだから、足首あたりに下ろしておくわけにもいかないだろ」と説明した。

2016年公開の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でスパイダーマンとしてのデビューを果たしたトムだが、最初にそのスーツを着た際、すでにスタントマンが着た衣装だったため、少しがっかりしたという。

「初めてスーツを着た時、正直言うとちょっとがっかりしたね。僕は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の撮影終盤でスパイダーマンにキャスティングされたんだ。だから僕が現場に行く前にスタントマンがもう撮影をしていたんだよ。こういうスーツを作るのは何週間もかかるから、僕のために1着作る余裕はなくて、スタントマンのスーツで調整することになったんだ。そのスタントマンは僕より2〜3インチ(約5〜7.6センチ)は背が高くてがっちりしていたから、僕が一番最初にスーツを着た時はぶかぶかの情けないスパイダーマンって感じだったのさ」
「でもちゃんとしたのを試着した時はぴったりで、僕の人生でも最も現実とは思えないような経験の1つだったね。子供のころからの夢が目の前で叶っているなんて本当に信じられないような気分さ。僕はただ自分を誇りに思って、キャリアがここまできたことに感激したんだ」