1990年代、Jリーグにセンセーションを巻き起こしたパトリック・エムボマに近い面影がある。

 190cm近い長身で大股、懐が深い。一歩目からトップギアに入るスピードは、黒豹を思わせる敏捷性と獰猛さ。後半アディショナルタイム、左サイドでボールを受けると30mを疾駆。2人の敵ディフェンダーを荒々しく引きちぎって、左足シュートまで持ち込んでいる。

「今は少しずつ順応しているところだよ。まだまだ自分のスピードには満足していない。本来のレベルに戻すためにトレーニングを積んでいるところさ」

 本人は照れ臭そうに言った。まだ郄いギアを隠し持っているということか。コロンビア代表FW、ビクトル・イバルボの真価とは――。


室屋成(FC東京)と競り合うイバルボ(鳥栖) 4月1日、味の素スタジアム。3月にJ1サガン鳥栖に入団したイバルボにとって、これがJリーグ2試合目となる。対戦相手のFC東京のバックラインは森重真人、丸山祐市、太田宏介、室屋成と、ロシアW杯アジア最終予選の日本代表予備登録メンバーで固められていた。だが、先発したイバルボは、ものともしていない。

 前半開始3分、いきなり違いを見せる。ロングボールに対して鳥栖のエースである豊田陽平が競りにいったところ、裏にこぼれるボールに走り込んでいたイバルボは、森重のマークを完全に振り切って、後ろから倒される形でPKを獲得した。森重のマークは緩慢で、明らかに集中を欠いていたが、想定以上の1歩目だったということか。

「2トップのどちらかが裏に出る。あれは練習からやっている形でした。狙い通りでしたね」

 豊田は振り返った。彼自身がPKを決め、鳥栖は幸先よく先制した。

 その後もイバルボは長い脚を使い、巧みなボールキープを見せる。リーチの長さを生かし、上半身をうまく使い、相手DFに突き出させない。そして無理に奪いにくると、くるりと入れ替わる。

 後半28分、イバルボは不用意なチャレンジにきた森重を”子ども扱い”し、完全に入れ替わった後、後ろから倒されている。「レッドだと思った」(イバルボ)と言うように、2枚目のイエローカードに相当する反則だった。イバルボは傑出した身体能力とスキルの高さを見せた。

 もっともイバルボは欠点の多い選手でもある。運動量は極端に少ない。守備面は周りがカバーすることになった。予備動作が乏しく、あまりマークも外せていない。

「あまり動かないし、まだ特長をつかみ切れていないところもあります。でも、試合になるとこれだけやれる。ボールも持てますしね」

 鳥栖のインナー(3ボランチの右)に入った小野裕二の証言は端的だろう。

 イバルボは点取り屋というタイプではない。ゴールをするポジションを取る駆け引きよりも、そのひとつ前でボールに触って、前を向いたときに怖さが出る。突出した肉体能力を持つことで、”足下に入ってからでも勝負ができる”という意識が染み付いているのか。ゴールに対する意欲も直接的ではない。欧州で各チームを転々とするものの、一度も二桁得点を記録していないのは必然だろう。

 これはエムボマにも共通する点で、ゴールゲッターになるには一発で仕留めるためのしたたかさと集中力の継続性が欠かせないのだ。

 一方で鳥栖には、ゴールゲッターの人生を無骨に究めてきた豊田という男がいる。

「トヨダとのコンビはいいよ。スペースを作ってくれる動きをしてくれる。自分はそこでタイミングをつかむだけでいい。すでにサポート関係が作れている」

 そう語るイバルボ自身、2トップに手応えを感じ始めていた。豊田は献身と高さとゴール、イバルボはスピードとコントロール&キックの巧みさ。2人はタイプが異なることで、それぞれのよさを出し合いつつある。

 試合終了間際の3点目は、イバルボが左サイドで起点になった。ファーサイドでマークを外した豊田を見つけ、質の高いクロス。豊田がヘディングで競り勝ったことで、趙東建の同点ゴールが生まれている。

「カリアリ時代と比べたら、まだ50%の出来」

 かつてセリエAのカリアリで指導していたマッシモ・フィッカデンティ監督は、イバルボのポテンシャルの高さを強調した。

「試合を通し、継続的にコンディションを上げていく必要がある。チームとして、もう一つ上のクオリティにたどり着くためにイバルボを獲得した。今日も5,6度チャンスに絡み、森重を退場に追い込むようなキープもあった。期待しながら起用していくつもりだ」

 試合は3-3と痛み分けに終わったが、コロンビア代表FWはインパクトを残している。

「日本食は好きだね! 地元のレストランに連れて行ってもらった。まもなく家族もやってくるから心配はない。挑戦はこれからだよ」

 イバルボは笑みを浮かべて去っていった。
 
■Jリーグ 記事一覧>>