誰からも愛される好印象メイクのコツ ナチュラルかわいいを作る3ステップ♡

写真拡大 (全15枚)

春から新しい環境で働いたり、学校に通いはじめたりするという人も多いはず。そんな時に肝心なのはやっぱり第一印象。


やり過ぎではない、けど何か違う……そんな好印象メイクには肌ツヤや輪郭が重要です。今回は、私がいつもやっている、さりげなく肌ツヤを出す方法をレクチャーします。お化粧の最後に少し加えるだけで変わりますよ♡

好感度大! ツヤ肌を作るメイクテク



ツヤ肌を作るためには、以下の3ステップが重要になってきます。ポイントは、ベースメイクを薄くしてあげることから始まります。今回はファンデは使わず、下地とお粉だけで肌を仕上げています。

1.化粧上地をうまく使う
使うのは、PLAYLISTの化粧上地、スキンテクスチャー ヴェール ルミナイジング。



指にとり、チークの上の部分にのせていくと、肌に輝きがプラスされ、美肌に見えます。こちらのアイテムは、通常通りベースメイクを仕上げた上に重ねるだけで潤いもプラスしてくれる優れもの。さっとのせるだけなのに。お肌の乾燥も防いでくれる感じがして私も普段から愛用しています。

これだけでもかなり肌がきれいに見えるので、あまり華やかになりすぎない方がよい時はこれだけで。さらに、Tゾーンにものばしてあげることで、ハイライト効果を狙います。


テカリに見えてしまうので、塗りすぎないように気をつけてあげてください。

2.さらにパウダーで部分的に輝きをプラス
今回使うのは、BURBERRY BEAUTYのランウェイパレット。


ラメの種類が、1つのパレットの中でもさまざまなので、ラメの細かい、肌なじみのよい色をチョイスして、塗っていきます。先ほどの、チークの上の部分に塗った化粧上地に重なるように塗っていきます。


繊細なラメのパウダーを塗ってあげることで、自然なツヤがでて、光に当たった時に肌が輝くような、思わず触れたくなる肌になります♡

3.鼻だけシェーディングでパーツの輪郭を調整
すっとした鼻は美人のポイント。鼻の骨格は直せないので、コントゥアリングで輪郭を調整していきます。

使ったのはこちらもBURBERRY BEAUTYのフェイスコントゥア 01ミディアムです。


シェーディングを写真のように引きます。


ポイントは、目と目の間をあまり濃く引かないこと。ここはのばして色づく程度にしておくと、かなり自然に仕上がります。

指で、ナチュラルになるくらいまでのばしていき、陰を作ります。


これで、輪郭のキレイな顔立ちに見えます。

肌ツヤのあるモテ肌の完成♡


こちらがBEFOREの状態。


そして、AFTERの状態。


肌にちょい足しするだけで、輪郭がくっきりして、美人顔が作れます。


好印象のモテメイク! みなさんも試してみてくださいね♡


(市川紗千子)