<シェル・ヒューストン・オープン 最終日◇2日◇ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(7,457ヤード・パー72)>
米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」は最終ラウンドを行い、首位と4打差の3位からスタートしたラッセル・ヘンリー(米国)が“65”を叩きだしてトータル20アンダーで逆転優勝を果たした。この勝利によりヘンリーは「マスターズ」出場権を手にした。
単独首位スタートのカン・スン(韓国)は2バーディ・2ボギーの“72”でスコアを伸ばせずトータル17アンダーで2位フィニッシュ。リッキー・ファウラー(米国)はトータル16アンダーでルーク・リスト(米国)と並んで3位タイで終えている。
【動画】これが入る!?リッキー・ファウラーの15メートル超えスーパーパット
トータル13アンダーの単独5位にダニエル・バーガー(米国)。トータル12アンダー6位はハドソン・スワフォード(米国)、プエルトリコのラファエル・カンポスがトータル11アンダーで7位に入った。なお、日本勢で唯一出場した石川遼は予選ラウンドで姿を消している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

シェルヒューストンオープン最終結果
石川遼はミスが重なり2週連続予選落ち 刻んで池ポチャ「痛かった」
タイガー・ウッズがマスターズを欠場「残念だが、準備ができていない」
いよいよマスターズ!オーガスタコースガイドをチェック!
松山英樹は4番人気 今季初勝利のJ・スピースがマスターズ優勝候補