ガチンコ力士急増で土俵からますます目が離せない

写真拡大

 稀勢の里の大逆転優勝で幕を下ろした大相撲春場所は、これまでと何もかもが違っていた。かつて本誌・週刊ポストは“仕組まれた千秋楽”の疑惑を追い、八百長追及・角界浄化キャンペーンを展開したが、今回の春場所終盤戦ではまさに結末のわからないドラマが展開されていた。奇跡の優勝の舞台裏で起きた異変には、相撲の「見方」を大きく変えるほどの衝撃があった。

 今から38年前。1979年9月の秋場所では、「7勝7敗」で千秋楽を迎えた6人の力士が揃って全員、勝ち越しを決めるという奇妙な現象が起きた。

 どうしてそんな“偶然”が起きるのか──その疑問を解くべく取材に動いた本誌が行き着いたのが、角界を蝕む「八百長」の存在だった。八百長を取り仕切る「中盆」を務めていた青森県出身の元十両力士・四季の花の実名証言を得て、翌1980年5月に八百長告発を主体とした角界浄化キャンペーンがスタートする。

 稀勢の里が史上4人目となる昇進場所優勝を決めた春場所千秋楽を「7勝7敗」で迎えた力士は、奇しくも38年前と同じ6人。

 遠藤(前頭5)、碧山(前頭6)、栃ノ心(前頭10)、石浦(前頭11)、宇良(前頭12)、大翔丸(前頭13)の6人だ。

 遠藤と栃ノ心は7勝7敗同士の対戦となり遠藤が勝つ。残り4人の相手は、いずれもすでに負け越しが決まっていた力士だった。

 だが、4人のうち勝ち越しを決めたのは碧山と宇良の2人だけ。しかも宇良と逸ノ城(前頭7)の対戦は物言いのつく際どい一番だったし、碧山の相手の妙義龍は十両転落もあり得る前頭14枚目での9敗目だった。

 6人のうち3人が勝ち越しという、力の拮抗する者同士の対戦としては至極当たり前の結果に落ち着いたことこそ、角界に地殻変動が起きた証左だろう。

「かつては、7勝7敗で千秋楽を迎えた相手に対しては、自分が負けたら十両に落ちるといった心配のない限り負けてやるものでした。八百長とまではいかないにせよ、相手の立場を思いやる物わかりの良さがあった。お互い、ケガのリスクだって避けたい。ところが最近では、そうした暗黙のルールがなくなっている」

 呼び出しの一人はそう語る。そうした変化は、2011年2月に力士の携帯メール履歴から八百長が発覚した事件以降のことだ。前年に表面化した野球賭博疑惑の捜査で警視庁が力士の携帯電話を分析した結果、八百長の存在が明らかになった。2011年春場所は中止となり、25人もの力士が引退勧告などの処分を受けた。

「以来、金銭や星の貸し借りによる八百長は確認されていないし、相手を助ける“物わかりのいい”相撲も目に見えて減った」(同前)

 土俵に「私情」を一切挟まず、変人扱いされてきた稀勢の里が横綱となるなど、ガチンコ力士が急増した。

 そうしたなか迎えた今回の春場所では横綱・白鵬が初日に正代(小結)、4日目に勢(前頭1)に敗れて休場に追い込まれた。

「場所直前、白鵬は稀勢の里が所属する田子ノ浦部屋に出稽古に行き、その際に右足裏を痛めたとされる。本場所に入ってそれが悪化したようですが、そもそも稽古不足だった。2月に部屋の旅行を兼ねて家族でハワイ旅行を楽しんでいたし、ガチンコ勢に向き合う準備ができていなかった」(協会関係者)

 日馬富士、鶴竜も荒鷲(前頭4)、松鳳山(前頭3)といったガチンコ平幕に相次いで金星を献上。優勝争いから脱落した。

 興味深いのは金星をあげて春場所を荒らした平幕たちが15日間の成績でみると振るわなかったことだ。勢と松鳳山は5勝10敗。嘉風(前頭4)は8勝7敗と辛くも勝ち越したものの、蒼国来(前頭2)は4勝11敗、荒鷲は3勝10敗2休に終わった。「金星をあげる力士はガチンコ。星が計算できないから、こういうことにもなる」(同前)というわけだ。

※週刊ポスト2017年4月14日号