フランス大統領選(4月23日と5月7日の2回投票)までいよいよ1カ月を切った。候補者は11人。最終コーナーに突入し、候補者はこれまで以上に自分の存在をアピールすべき局面だが、男性候補者の服装はみんな紺のスーツに白のワイシャツ、そして同系色の無地のネクタイである。モードの国フランスにもかかわらず、判を押したように新卒の会社訪問スタイルだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

大統領の制服になった“無難な組み合わせ”

 3月20日の夜、民放テレビTF1で主要候補者5人による3時間のテレビ公開討論が実施された(視聴率はなんと平均約40%!)。

 中道・独立系政治グループ「前進!」を率いるエマニュエル・マクロン氏、右派政党「共和党」公認候補フランソワ・フィヨン氏、「社会党」公認候補のブノワ・アモン氏の3人もこの会社訪問スタイルだった。薄いブルーのワイシャツのマクロン氏を除いて、フィヨン氏とアモン氏は白のワイシャツだった。冒頭の写真を見ていただきたい。見事に同じような格好である。

(* 配信先のサイトでこの記事をお読みの方はこちらで本記事の写真をご覧いただけます。http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49590)

 出演した候補者の中で唯一の女性だった極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首は、胸元の開いた白いブラウスに黒のパンタロンスーツで登場した。この黒の上下はフランス女性の古典的公式スタイルである。

 左翼政党「服従しないフランス」のリーダー、ジャン=リュック・メランション氏だけが5つボタンの作業服風の黒の上着に、赤地のネクタイだった。ただしワイシャツは白だった。

 3人の候補者が「フランス共和国の大統領(国家元首)候補にふさわしい服装」、つまり「威厳があり、信頼でき、清廉潔白で未来への希望を抱かせる服装」として選んだのがこの会社訪問スタイルだった。

 候補者たちは、テレビや新聞、雑誌のインタビューはもとより集会などでもほぼ毎回、この格好で登場する。柄物のネクタイをする候補者はまずいない。スーツと同系色の無地なら、誰からも批判されることはないということだろう。

 この約10年間、濃紺のスーツに同系色のネクタイ、白のワイシャツは、フランス大統領の制服みたいなものになっている。

 ニコラ・サルコジ前大統領は、プライベート以外はほとんどこのスタイルで通した。前任者のジャック・シラク元大統領が長身で“男前”だったのに対し、サルコジ氏は背が低く外見がパッとしなかった。それだけに、この地味で無難な服装の選択は正しかったといえよう。

 後任のフランソワ・オランド大統領はサルコジ氏の政策を否定するのに躍起だったが、服装だけは踏襲した。オランド氏もやはり背が低く、風采もパッとしない。「国家元首にふさわしい」服装となるとどうしても無難な着こなしになるのだろう。

スーツスキャンダルが致命傷に?

 こうした中で起きたのが、フィヨン氏のスーツスキャンダルだ。

 事件を最初に報じたのは日曜新聞「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」だ。フィヨン氏の支持者がパリ7区の高級紳士服店からフィヨン氏に2着のスーツを贈った。り、スーツの代金1万3000ユーロ(1ユーロ=約120円)は、その支持者が支払ったという。スーツはいずれも数回の仮縫いを施した高級仕立て服である。同紙によると、2012年以降、フィヨン氏は同じ支持者からスーツなど総額4万8500ユーロ分の贈答品を受け取ったとされる。

 ルモンド紙が、その支持者とはレバノン系フランス人の弁護士、ロベール・ブルジ氏であることを特定した。他紙もあとを追う。フィヨン氏が所持している1万ユーロ以上の高級時計2個もスイス人の支持者から贈呈されたことなどが報じられ、フィヨン氏の服飾問題が一躍クローズアップされることとなった。

 フィヨン氏は敬虔なカトリック教徒であり、服飾などには関心が薄い地味な人物との印象が強かった。以前から愛用しているストライプのワイシャツを地方遊説などで着用すると、流行遅れに見えることもあった。それだけに高級品を愛用していたことの発覚は、イメージとのギャップが大きすぎた。

 フィヨン氏は、夫人と子供2人を議員助手としてカラ雇用していた容疑で本格的取り調べを受けており、支持率が低下中だった。今回の服飾スキャンダルでさらに大きなダメージを負うことは必至だ。

 3月25日発表の最新の世論調査(調査会社はBAV)によると、1回目投票の支持率は1位がマクロン氏で26%、2位はルペン氏で25%、フィヨン氏は17%で3位だった。上位2人による決勝戦には進めない状況だ。

 フィヨン氏は2着のスーツを返却したと明言したが、収賄容疑になるかどうかについて司法が捜査中との報道もある。フィヨン氏は「メディアと“共謀”したオランド政権の陰謀だ」と主張し、無罪を主張している。

 スーツスキャンダルはフィヨン氏の致命傷となってしまうのか。そして、新大統領はどんなスーツを身に着けるのか。相変わらず会社訪問スタイルが続くのか。それとも、初の女性大統領が誕生してパンタロンスーツが政界を席巻するのか。服装面での興味も尽きない。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:山口 昌子