安倍昭恵夫人(左)と安倍晋三首相(右)(写真:Motoo Naka/アフロ)

写真拡大

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 毎日開かれていた参議院の予算委員会ですが、森友学園の疑惑のことばかりの質疑でした。なぜ国家予算の話はしないのか、とテレビ中継を見ながら思っていた方もいるのではないでしょうか。きちんと審議しているのか、不安になってしまいますよね。そんな状況でしたが、3月27日に2017年度の予算が成立しました。一般会計の歳出総額が97兆4547億円と過去最大の規模です。これは年々増えていますが、今の子どもたちが成人する頃にはどうなっているのか、ちょっと不安です。

●安倍首相の“キレ答弁”は危機管理不足の証拠

 さて、森友学園の一連の疑惑ですが、どう決着するのでしょうか。ここまで大きくなってしまうと、予想しにくいですね。この問題がここまで大きくなってしまったのは、政府の初期対応のまずさが原因だと思います。

 最初に大きく報道されたきっかけは、国有地の売却リストが公開されたときに1件だけ非公開の物件があったことです。それが、話題になっている森友学園の土地です。ほかは公開されているのですから、みなさんが疑問に思うのは当然です。「安倍晋三首相の関与があったことを隠したかったからでは?」と思われても仕方がありません。

 しかし、その疑惑は的外れです。非公開にしたのが財務省側の理由ならともかく、実は森友学園側の希望だったのです。その理由も、産業廃棄物が埋まっていた土地だということを保護者たちに知られたくなかったから、と理事長夫人の籠池諄子氏の証言から明らかになっています。

 安倍首相は、早急にそれについて調べ、丁寧に国会答弁をするべきでした。予算委員会で質問された時点で疑惑を持たれていることに気づき、その疑惑の火を完全に消すべきでした。

 それなのに、「学園は教育理念が素晴らしいと妻から聞いている」などと発言した上に「自分や妻が関与していることが明らかになれば、首相も国会議員も辞める」などとキレ気味で答弁する様子は、危機管理がまったくできていないとしかいえません。国民の疑問や怒りの火に、油を注ぐようなものです。

●官邸内にもくすぶる、安倍昭恵に対する不満

 また、この問題が大きくなった理由のひとつには、官邸スタッフの中に長年くすぶっている、首相夫人の安倍昭恵氏に対する不満があるのではないか、と神澤は思っています。

 内部から情報をリークしている人も、1人や2人ではないと見ています。これまでも、官邸スタッフが昭恵氏の危機管理能力のなさを嘆いている様子を見てきました。世間では「自由奔放」などといわれていますが、私たち秘書からいわせれば、ただの「お調子者」です。自分の発言の影響力をまったく考慮せず、いろいろなことを、その場のノリで約束してしまうのです。

 首相夫人として初めて国家公務員が常駐スタッフとして置かれているのも、彼女の言動を制限するためでもあるのです。今まで、数々の大迷惑をスタッフや自民党にかけてきている昭恵氏ですから、今回はお灸をすえてやろう、と思った人たちがいても不思議ではありません。

 しかし、なぜ昭恵氏はこれまで許されてきたのでしょうか。官邸スタッフがいうには、安倍首相が行動原理が読めない昭恵氏にぞっこんだからだそうです。周囲がいくら進言しても、安倍首相は昭恵氏に注意できないそうです。「困ったものだ」とスタッフたちも頭を悩ませていました。今回の件を教訓に、昭恵氏には猛省していただき、今後はファーストレディらしい振る舞いを期待したいと思います。

●安倍昭恵は最低なボス?籠池いじめを続ける官邸

 数々の疑惑の解明はワイドショーに譲りますが、神澤は、昭恵氏の秘書の役割を担っていた谷査恵子氏に関する官邸の対応に非常に怒っています。「政界は巨大ブラック企業だ」とアピールしているようなものだと思いませんか?

 谷氏が勝手な判断で財務省に問い合わせをしたり籠池氏にファクスで返事をしたりしたのだから昭恵氏の知るところではない、という理屈が通るのであれば、私たち秘書は仕事をボイコットしたくなります。

 そもそも、私たち秘書は、陳情に対して本当は何もしていなくても、結果的にうまく転がれば、「ボスである国会議員ががんばって後押ししました」と上手に報告します。

 省庁に問い合わせをするときも、圧力をかけないような伝え方を工夫して、「配慮してね」と念を送りながら状況を教えてもらったりもします。そういう意味では、谷氏のファックスは通常の業務の範囲で、特に問題になる部分はひとつもありません。

 それを、このような文章が書ける能力があるわけがない、このようなファックスを送る立場になかった、彼女が勝手にやったことだ……などと秘書を切り捨てるような発言を続ける様子に、「なんて悪質な雇用主たちなんだろう」と思います。

 もし、神澤のボスが昭恵氏の立場であれば、絶対に秘書をかばってくれます。ボスと秘書は、そのくらいの信頼関係がなければいい政治活動を行うことはできません。一連の流れは、昭恵氏は最低なボスだ、と明らかにしているも同然ではないでしょうか。

●「100万円の寄付」めぐる官邸と野党の異常さ

 森友学園をめぐるもうひとつの問題は、やはり「100万円の寄付」ですね。

 これについて、野党も追及を続けていますが、私たち秘書からすれば「何が問題ですか?」という感じです。そもそもしていないと思いますし、仮にしていたところで、法的にはなんの問題もありません。それは、本当は野党もわかっていると思うのですが……。

 官邸も官邸で、籠池氏が嘘をついているという状況をつくり上げようとしている姿勢は異常です。籠池氏にすべての罪をかぶせて、収拾を図ろうとしているのでしょう。

 ここまできたら、森友学園は破産する可能性が高いですが、そうなると建築を請け負った建設会社などは債権を回収できなくなり、こちらも倒産してしまうかもしれません。

 また、お子さんを森友学園の保育園や幼稚園に通わせている保護者も、次の保育園や幼稚園を探す必要が出てきますし、それがこの時期に見つかる可能性は低いです。

 そして、幼い子どもたちのことを考えると胸が痛くなります。連日、自分が通う幼稚園にマスコミが押しかけている状況は、子どもたちの心身にいい影響など与えません。報道の裏に、このような事情があることをご理解いただきたいと思っています。
(文=神澤志万/国会議員秘書)