清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)が間近に迫り、江蘇省南京市にある「雨花台功徳園」という共同墓地は「墓参り代行ライブ配信」という新しいサービスを打ち出した。

写真拡大

清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)が間近に迫り、江蘇省南京市にある「雨花台功徳園」という共同墓地は「墓参り代行ライブ配信」という新しいサービスを打ち出した。新華網が伝えた。

【その他の写真】

このサービスは、墓地のスタッフが直接墓地に足を運ぶことのできない顧客に代わって墓参りを行い、その様子を微信(Wechat)で客にライブ配信するというもの。このサービスの登場で多くの人々の間で、再び墓参り代行に関する話題が注目を集めているという。(提供/人民網日本語版・編集YK)