春の絶景!箱根の5月を彩る色とりどりのつつじとしゃくなげ

写真拡大



箱根・芦ノ湖畔の「小田急 山のホテル」には、100年の歴史を持つツツジ庭園があり、5月には色とりどりのツツジが咲き誇る。新緑の箱根で、華やかなツツジのお花見もいいかも。

◆広大な庭園に咲く約30種3000株のツツジを芦ノ湖とのコラボで楽しめる!

箱根の芦ノ湖や富士山が一望できる「小田急 山のホテル」では、5月になると広大な庭園に咲くツツジやシャクナゲがベストシーズンに。

そこで、2017年5月1日(月)から5月下旬まで「つつじ・しゃくなげフェア2017」を開催。ゴールデンウィークを含む前半は約30種3000株のツツジが咲き始め、中旬以降は約20種300株のシャクナゲが見ごろを迎える。

庭園にあるツツジの花には樹齢100年以上の株や人の背丈より高いものもあり、中にはすでに生産されていない希少な品種もあるとか。もともとホテルのある土地は、三菱4代目社長の岩崎小彌太(いわさきこやた)男爵の別邸だった場所で、庭園のツツジの多くは別邸があった100年以上前の時代に植えられたという。



花は、ピンク、赤、紫、白の順番にほころび始めるそうで、庭園の土地の傾斜を計算しつくして植えられたツツジが、はるかに見える富士山に向かって駆け上がるようにレイアウトされているのも美しい光景の秘密に。

長い時間をかけて受け継がれてきた庭園は、今も専任スタッフの手で丹精され、守られているそう。



江戸時代の園芸書に名前があったという希少品種「峰の松風」も鑑賞できる

◆絶景ショットが撮れそうなフォトスポットも多数!コンテストで選ばれたら宿泊券やランチ券も

庭園内にはいくつものフォトスポットがあり、例えば写真のように富士山とツツジを一緒に撮りたいなら、お天気がいい日のホテルラウンジの階段下がおすすめ。

ほかにも、中央奥の銅像の脇は、ツツジ越しの芦ノ湖が撮影できる絶好のスポット。この場所なら、湖上を行く遊覧用の海賊船も一緒に撮れる可能性が。

素敵な1枚が撮れたら、SNSの投稿はもちろんだけど、6月末まで受け付けている「フォトコンテスト」に応募するのもいいかも。優秀作品に選ばれたら、山のホテルの宿泊券やランチ券が当たるので、カメラ好きはぜひ応募を。



富士山とツツジを一緒に撮れる絶好のフォトスポットも

◆オリジナル紅茶「つつじティー」の香りが広がる期間限定のツツジスイーツも登場

ツツジの花を堪能したら、ここだけのツツジスイーツも味わいたい。敷地外にあるホテル直営のデザートレストラン「サロン・ド・テ ロザージュ」では、4月10日(月)から5月31日(水)までの期間限定で、“Brise Douce(ブリーズ・ドュース)〜心地良いそよ風〜”(単品1604円、セット2317円 税・サ込)を提供。

こちらは、つつじの咲く庭園を散歩中に、そよ風が吹いて帽子がふわりと舞いあがったような、優しい春の情景をイメージした一皿。ダージリンの紅茶につつじの香りをつけたオリジナルの「つつじティー」ムースをフランボワーズのゼリーでコーティングして“つつじの花”を、「つつじティー」アイスクリームで“帽子”を表現した爽やかなスイーツになっている。

この「つつじティー」(50g 756円)はレストラン2階にあるショップでも買えるから、お土産にすればスイーツの味も思い出せそう。



サロン・ド・テ ロザージュ“Brise Douce(ブリーズ・ドュース)〜心地良いそよ風〜”単品1604円、ティーセット2317円 (税・サ込)

◆80年以上前に目の前の絶景を再現した貴重な版画の絵葉書も。歴史ある庭園の春を楽しもう

ツツジ見物の後のお土産には、昭和10年(1935年)に、岩崎男爵が当時風景版画の第一人者だった川瀬巴水(かわせ はすい)に依頼して描かせた「絵葉書」もおすすめ。

まさに目の前に広がる絶景が美しい版画になったもので、1枚(108円)から買えるけれど、「6枚セット」(648円)は旅のお土産やギフトにも。ホテルでは切手も販売しているので、たまにはメールではなく絵葉書でお便りを出すのも素敵。

富士山や芦ノ湖とともに色とりどりのみごとなツツジを眺めながら、箱根で100年の春を満喫しよう。



川瀬巴水「元箱根見南山荘風景」絵葉書6枚セット(紙タトウ入り)648円 ※1枚各108円



TEL.0460-83-6321 小田急 山のホテル
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
アクセス:小田急線「新宿駅」から小田急ロマンスカーで「箱根湯本駅」(約85分)、「箱根湯本駅」より「元箱根港」まで路線バスで約40分、「元箱根港」より徒歩15分

開催期間:2017年5月1日(月)〜5月下旬 ※ツツジの開花状況により、開催期間が変更となる場合あり
庭園見学時間: 9:00〜17:00
庭園見学料: 800 円(ホテルに宿泊の場合は無料)
<サロン・ド・テ ロザージュ つつじスイーツ>
「“Brise Douce(ブリーズ・ドュース)〜心地良いそよ風〜”」単品1604円、セット2317円(紅茶ポットサービス・価格はいずれも税・サ込)
提供期間:2017年4月10日(月)〜5月31日(水)10:00〜17:00
<フォトコンテスト>
締切:2017年6月末日
応募形態:六つ切のプリント(ワイド・組写真不可)
賞品:最優秀賞 山のホテル 1泊2食付宿泊券 ペア1組、金賞 山のホテル 1泊朝食付宿泊券 ペア1組、銀賞 山のホテル ランチ券 ペア3組

※ツツジの開花状況は公式HPで確認を

NAOKO YOSHIDA (はちどり)



今年のゴールデンウィークは最大9日間、この長期休暇をどんな風に過ごしますか? 

読者アンケートからわかったのは、今年は休暇を賢く分割。帰ふらりと町を歩き、プチ旅を楽しみ、おうちでリラックスタイムも楽しむ、組み合わせ技で「気ままな休日」を過ごす人が多数。そこで編集部は、「町」と「旅」をテーマに総力取材。美術展、花やアウトドアのイベント、温泉、グルメなどGWをちょっと素敵にする体験をご提案!