iPhoneやApple Watch、Macなどのボディがチタン製になる可能性があることが、Appleが申請した特許から明らかになりました。

チタン合金の表面を加工する技術の特許申請

米国特許商標庁(USPTO)が最近公開したAppleによる特許申請に、iPhoneなど製品の筐体にチタン合金を使うための技術に関するものが複数、含まれていたとAppleの特許情報に詳しい米メディアPatently Appleが報じています。
 
チタンは、軽くて強く、腐食にも強いほか、肌に触れても金属アレルギーを起こしにくい特徴を持つ金属ですが、加工が難しいという弱点がありました。
 
Apple チタン 特許
 
2016年9月に申請された特許技術には、チタン合金の表面を酸化被膜でコーティングし熱を加えることで、黒に近いダークグレーの色にするための加工技術が記載されています。
 
従来、ダークグレーや黒の色を持つ金属素材としては、ジルコニウム合金が使われることが多かったのですが、これらは重くて高価でした。チタン合金でダークカラーが表現できれば、軽くて安価に強度の高い製品が実現できます。

チタン合金の表面強化や樹脂との接合技術の特許も申請

Appleは、チタン合金の表面を強化する手法や、チタン合金製の筐体とプラスチック樹脂の接合技術についても特許を申請しています。
 
チタン合金は通常、酸化被膜で覆うことで強化されますが、Appleが申請した特許では、酸化被膜層に加えて拡散硬化層を加えることで、強度が向上するとともに、チタン合金で表現できる色も増える、とされています。
 
Apple チタン 特許
 
また、プラスチックとの接合部分にあたるチタン合金の表面に数多くの微細なくぼみができるよう加工し、接着剤の浸透力を高め、防水性能だけでなく耐衝撃性能も向上する、と記されています。

Apple Watchへの採用が有力?

Appleは以前、ニッケルとチタンの合金を使ってiPhoneを折り曲げられるようにする技術の特許を申請しています。
 
また、アメリカの企業が、iPhone7のボディをチタン製に交換し、ダイヤモンドを散りばめたラグジュアリー加工を施した約5,000万円のiPhone7を発売しています。
 
今回の特許申請ではどの製品にチタンが採用されるかも不明ですが、金属アレルギーを起こしにくいという性質に注目すると、Apple Watchが有力にも思えます。しかし、Appleは数多くの特許を申請しており、すべてが製品化されるわけではありません。
 
チタン製のiPhoneやApple Watchが出たら、どの程度軽くなるのか、手にしてみたいものです。

 
 
Source:Patently Apple
(hato)