結成3周年を迎えるAKB48チーム8が、さいたまスーパーアリーナにて、「【TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜 チーム8結成3周年前夜祭 in さいたまスーパーアリーナ 春の入学式祭り みんな〜!8推しになってね〜!!】」を開催した。

チーム8は、「会いに行けるアイドル」として活動してきた従来のAKB48の活動とは違い「会いに行くアイドル」をコンセプトにした新チームとして誕生。メンバー構成は、全国47都道府県で開催された「AKB48 Team 8 全国一斉オーディション」によって各都道府県から1人ずつ選出された47名をベースとしている。その人気は「チーム」という単位では圧倒的で、「AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2017」では、チーム8の代表曲となっている『47の素敵な街へ』が2位という人気を獲得するほど。

結成3周年公演は、4月3日にAKB48の本拠地である秋葉原AKB48劇場で開催予定。この3周年公演の前日である4月2日に、さいたまスーパーアリーナで「3周年前夜祭」 が開催されることになった。それだけでも異例中の異例な出来事。チーム8の勢いを感じさせる。コンサートでは、人気急上昇中の小栗有以を中心に、地元埼玉代表の郄橋彩音、岡部麟、山田菜々美らが会場を沸かせた。

この日、大分県代表の山田杏華が合流。ゲストとして、登場したトップリード、AKB48 チームAから田北香世子と共にさいたまスーパーアリーナでのお披露目となった。その初々しすぎる姿に、娘を持つトップリード新妻はメロメロ。チーム8が大好きで各メンバーのニックネームをつけている新妻は、山田を「アンカー」と名付け、早速「萌えセリフ」やコントで共に会場を沸かせた。

また、アンコール明けのイベント後に披露された3曲はバンド「ザ エイトルズ」でパフォーマンスし『ロックだよ、人生は…』『ヘビーローテション』『一生の間に何人と出逢えるのだろう』を演奏。最後の挨拶では、小田えりなや郄橋彩音などが感極まり涙する場面もあった。そのキレイな涙とともに、これからもチーム8は躍進を続けていくことだろう。写真(C)AKS