2日、中国メディアの観察者網が、日本の花見の場所取りについて紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は桜。

写真拡大

2017年4月2日、中国メディアの観察者網が、日本の花見の場所取りについて紹介する記事を掲載した。

【その他の写真】

記事は、日本メディアが報道した花見の場所取りの様子を紹介。通常、桜が満開の時期は3日前後であり、東京都内で花見のできる公園には限りがあるため、熾烈(しれつ)な場所取り合戦が繰り広げられるのだとした。

そして、多くの会社が場所取りするために社員を派遣するとして、早朝5時10分から場所取りをする人、気温8度の中、毛布にくるまり場所取りをする人などを紹介した。

また、場所取りをするよう派遣されるのは新入社員であることが多く、プレミアムフライデーに上司の命令で、徹夜で場所取りをさせられ、しかも有給休暇扱いされたという日本のネットユーザーの投稿も紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーから、「最下層の人間はどこもこういうことをさせられる」「これは当然だろう。中国だってこの種の状況では新入社員が場所取りをするに決まっている」など、中国も同じだという意見が多く寄せられた。

しかし、「こんなにも場所が不足しているのにダフ屋がいないことが驚き」と中国との違いを指摘するユーザーや、「中国だったら公園内を区画分けしてアプリで予約できるね」と主張するコメントもあったが、スマートフォンアプリの活用という面では日本より進んでいる中国なら十分あり得ることだ。(翻訳・編集/山中)