残りのエピソードはどうなる? - 「タイム・アフター・タイム(原題)」より
 - Sarah Shatz / ABC via Getty Images

写真拡大

 1979年に映画化もされた、カール・アレクサンダーの小説「タイム・アフター・タイム(原題) / Time After Time」を基にした米テレビドラマが、5エピソードを放送したところで低視聴率のためキャンセルされた。Deadlineなどが報じた。

 テレビドラマ「タイム・アフター・タイム(原題)」は、“切り裂きジャック”を追う若き日のH・G・ウェルズがタイムマシンに乗って現代のニューヨークにタイムスリップするストーリー。映画『ハリー・ポッター』シリーズでハリーの上級生コーマック・マクラーゲン役だったフレディ・ストローマがウェルズを演じ、「リベンジ」のジョシュア・ボウマンが切り裂きジャック役、「SMASH」のウィル・チェイスも出演していた。

 米映画データベースサイトIMDbによると、第1シーズンは12エピソードになる予定だったよう。残りのエピソードが放送されるかどうかは未定らしい。(澤田理沙)