イベントに登壇した渡辺直美

写真拡大

 イギリス生まれの子ども向け人気アニメシリーズ「きかんしゃトーマス」の劇場版最新作「映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」のプレミア試写会が4月2日、東京・スペースFS汐留で行われ、お笑い芸人の渡辺直美が登壇。「小さい頃に見ていた作品なので参加できたことが嬉しいです」と思いの丈を述べた渡辺。また、泣き止まない子どもにニッコリとほほ笑みかけ「ごめんね、大丈夫? お腹すいちゃったかな?」と気遣いを見せていた。

 13台の機関車が新キャラクターとして登場する今作は、世界中の機関車たちがスピードや力の強さを競う「グレート・レイルウェイ・ショー」がメインランドで開催されることになり、トーマスがソドー島代表として出場しようと奮闘する。渡辺はインドからやって来た女の子の小型蒸気機関車・アシマ役に息吹を注いでおり「アシマは本当に大人。レベル高すぎです。上品だけど可愛らしさもある」と自身の役どころを説明し「心の広さを声で表現する難しさを実感した」と語っていた。

 この日、渡辺はトーマスとの掛け合いがユニークな劇中歌「あなたは あなた」を会場に集った子どもたちと一緒に熱唱。リズミカルな音楽に合わせて、一生懸命歌声を響かせる子どもたちを見た渡辺は「みんな、ちゃんと口ずさんでくれていた!」と感動しきり。そしてアフレコ収録時を振り返り「私、歌い方がJ-POP風なので、監督から注意されたことも(笑)。どうしても浜崎あゆみ感が出てしまう」と発言し、笑いを誘っていた。

 イベント後の報道陣による囲み取材では、「私、すごい緊張しちゃってましたね。でも、変な動きをすれば子どもは笑うと途中で気づきました(笑)。皆本当に可愛くて、ちょっと泣きそうになっちゃいました」と安どの表情を浮かべた渡辺。そして、3月30日にゲスト出演する予定だった生放送番組やラジオ番組の欠席理由を問われると「実はお寿司を食べてアニサキス(寄生虫)に当たってしまって…」と食中毒だったことを告白。「痛すぎて病院で泣いてましたね。でも今は落ち着きました。もう大丈夫です」と復調したことを明かしていた。

 「映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」は、4月8日からシネ・リーブル池袋、全国のイオンシネマほかで公開。