磐田が観客入場時の不手際を謝罪

写真拡大

 ジュビロ磐田は2日、1日にエコパスタジアムで開催された第5節・清水戦において、入場時に不手際があったことを謝罪した。

 入場ゲートの混雑および誘導が十分でなかったことにより、観客を悪天候の中、長時間並ばせてしまった。また、キックオフ時間よりも早目に来場していただいたにも関わらず、キックオフ時間までにスタジアム内に入場できないという事象も発生したという。

 これを受けて磐田は、「入場ゲートの配置人数不足からこのような事象を招くこととなり、当日の試合を楽しみに来られたお客様方に、大変な不快な思いをさせてしまいましたことを慎んでお詫び申し上げます」と謝罪。今後は、「入場者数予測に応じて、スタッフの人員配置計画を見直すと同時に更なる原因究明を行い、対応策を検討」していくという。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ