あなたは彼に大事にされている自信がありますか? “忙しいから仕方ない”とか“私にしかわからないことがあるから”と自分を納得させて、大事にされていないという事実から目を背けてませんか? ここを見極めておかないと、もしかするとあなたは本命ではない可能性も考えられます。では一体どのようなサインが当てはまるのでしょうか?

友人に紹介しない

彼は友人とけっこうな頻度で会っているようなのに、なかなかあなたを紹介してくれないとしたら、本命ではない可能性があります。いろんなケースがありますが、その友人関係のなかに実は本命がいたり、あるいは友人関係と本命がつながっているのでバレたらまずい。
もしくは友人と会っていると言っておきながら、実はほかの子と会っている――などなど、いろんなパターンが考えられるので、そういったことをクリアにするためにも、友人を紹介してもらうようにしましょう。

ナルシスト気質

基本的に“彼を優先にするのが当たり前”になっていませんか? それが思考や行動、すべてに表れてるとしたら、彼は自分しか愛せないのかもしれません。そうなると、彼は協調性のない社会人である可能性もでてきます。そんな彼を“理解してあげられる”と思い込んでしまうことで、よりナルシストな彼を助長させてしまうので気をつけてくださいね。

予定をなかなか立ててくれない

次はいつ会えるのかなと待っていても、なかなか言ってくれそうにないので、思い切って予定をきいても「忙しいから待ってて」とか「まだ予定がわからない」などと、のらりくらりと逃げられてたり、せっかく予定が決まったとしても直前でドタキャンするようなことが続くとしたら、あなたに対しての気持ちは残念ながら薄いのかもしれません。
たとえキャンセルしたとしても、そのさいにほかの日で再調整してくれるのであればまだ救いですが、いずれにせよ“彼は忙しい人だから仕方ない”などと理不尽なことを飲み込んでいませんか?

彼のテリトリーに連れていかない

新しいところを開拓して連れてってくれるのは確かに嬉しいことですが、よく考えてみてください。彼が行きつけの店や会社や地元近くの場所に連れて行ってくれたことはありますか?
連れて行かれたことがないとすれば、なんらかの理由で“見られたくない”と思っている可能性があります。隠されなきゃならない立場にあるということですから、彼との関係をよく考えた方がいいでしょう。

いかがでしたか? 冷静に考えてみると、どれも大事にされてるとは思えないサインですよね。状況によりけりで、どれかひとつが当てはまることがあるかもしれませんが、4つとも当てはまるとしたら、残念ながら、あなたが本命である可能性は低いと思いますので、悲しい思いをしないように見極めましょう。