31日、4月21日に販売が開始されるサムスンのスマートフォン「ギャラクシーS8」の顔認証による画面のロック機能が、顔写真でも解除できてしまうことが分かった。写真はサムスンの最新スマホ。

写真拡大

2017年3月31日、4月21日に販売が開始されるサムスンのスマートフォン「ギャラクシーS8」の顔認証による画面のロック機能が、顔写真でも解除できてしまうことが分かった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

IT(情報技術)業界によると、スマート機器専門のYouTubeチャンネル「アイ・デバイスヘルプ(idevice help)」が29日、写真だけでギャラクシーS8の画面ロックを解除する場面を公開した。アイ・デバイスヘルプは、「顔写真でロックが解除されて驚いた」とし、「動画の中のプロトタイプ・ギャラクシーS8のソフトウェアがまだ完成していないために起こったことであることを望む」「もちろん発売後にこれではいけない」と指摘した。

顔認証による画面ロック解除機能は、基本的に2011年10月に公開された「Android4.0」以降のOS(オペレーティングシステム)に含まれているが、顔認証機能の安全性に問題があるという点はGoogleも認めており、これを採用してない製品もある。

業界関係者は、「眠っている人の顔や写真でも十分に画面ロックが解除できる」とし、「今のレベルの顔認識は楽しみのための機能であり、セキュリティー機能として見るのは難しい」と述べた。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「お化粧していない女性は顔認証でロック解除できないとか…」「双子だったら、どちらでも顔認証OKか」「同じ整形外科医が手術をした人だったら、誰でもロック解除できるかも」「俺の場合、寝起きの顔だったらロック解除できそうにない」など、不足な機能を皮肉る声が多く寄せられた。また、「顔認証じゃなくて、虹彩認証や指紋認証を使えば安全だ」と、現実的な意見もあった。(翻訳・編集/三田)