『ウォーキング・デッド』

写真拡大

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。3月20日(月)の週のケーブル(有料放送)の順位は以下の通り。

1.『ウォーキング・デッド』(AMC)
2.『TBS NCAA BSKBL CHMP SA-2 (KANSAS/OREGON)』(TBS NETWORK)
3.『TBS NCAA BSKBL-BRIDGE-SAT』(TBS NETWORK)
4.『TBS NCAA BSKBL CHMP SA-1 (XAVIER/GONZAGA)』(TBS NETWORK)
5.『TBS NCAA BSKBL CHMP TH 1 (WEST VIRGINIA/GONZAGA)』(TBS NETWORK)
6.『THE O'REILLY FACTOR』(FOX NEWS CHANNEL)
7.『TBS NCAA POST GUN-FRI 2』(TBS NETWORK)
8.『TBS NCAA BSKBL CHMP FR 2 (WISCONSIN/FLORIDA)』(TBS NETWORK)
9.『SP FIXER UPPER』(HOME AND GARDEN TV)
10.『THE O'REILLY FACTOR』(FOX NEWS CHANNEL)

『ウォーキング・デッド』は首位をキープしたものの、引き続きランクインしたNCAA男子バスケットボールトーナメントの試合(地区決勝のカンザス対オレゴン)にあと一歩のところまで迫られる結果に(レーティング/5.7:5.4、視聴者数/1054万人:931万人)。前週は倍近い差をつけていたが、同トーナメントがこれから佳境に入ってくることを考えると、今後はトップの座が危ないかもしれない。

『ウォーキング・デッド』直後に放送される、キャストやスタッフが作品の裏話を語るトーク番組『トーキング・デッド』はまたも圏外。この回は、タラ役のアラナ・マスターソン、マギー役のローレン・コーハンなどが出演していた。

一方、圏外ながら注目なのが『ウォーキング・デッド』と同じAMCの『バッドランド 〜最強の戦士〜』。『ヤング・スーパーマン』『シャナラ・クロニクルズ』のクリエイターが手掛けたアクション・アドベンチャードラマで、『ウォークラフト』のダニエル・ウー、『ワンス・アポン・ア・タイム』のサラ・ボルジャーなどが出演している。3月19日にシーズン2が始まった同作は、10位圏内は目前という状況が続いているので、近々ランクインを果たすかもしれない。(海外ドラマNAVI)