『ピートと秘密の友達』

写真拡大

深い森の奥に暮らし、強い絆で結ばれた少年ピートと"不思議な友達"エリオット。やがて文明社会との接触により、新たな出会いや様々な危機を迎えながらも、二人の友情が奇跡を巻き起こす感動作として、2016年に公開され話題となった『ピートと秘密の友達』。幻のディズニー・ファンタジーを最新映像テクノロジーで現代によみがえらせた注目作が、早くも4月5日(水)にブルーレイ&DVDで登場する。

ピート役を演じたのは、ハリウッドで注目される子役オークス・フェグリー(『パーソン・オブ・インタレスト』)。彼がフレッシュな魅力でキャラクターに命を吹き込む一方で、抜群の存在感で脇を固めるのが、映画『ジュラシック・ワールド』やNetflixオリジナルドラマ『ブラック・ミラー』などで人気のブライス・ダラス・ハワードだ。彼女は本作で、ピートとエリオットに出会い彼らを守ろうとするグレース役を熱演している。

1977年に公開されたオリジナル版『ピートとドラゴン』(日本未公開/デジタル配信中)の大ファンだというブライスは、本作の出演オファーに即答。ミュージカル映画だったオリジナル版と異なり舞台設定もがらりと変わっているが、彼女にとってはそれも決め手のひとつになったそう。「なぜなら、私はオリジナル版が大好きだったからよ。子どものための小さな絵本を持っているの。そしていつも彼らに読んでいるわ。それが大好きだったからこそ、ただの物真似であって欲しくなかったの」と、単なるリメイクにとどまらない新作へのこだわりを抱いていたことを明かした。さらに、実生活では母親でもある彼女は、親だからこその視点で本作への思い入れを語っている。「私は親だから、無邪気さがあり、時代を超えた、とても素晴らしい価値観がある美しい映画が出来て欲しいのよ。説教臭くならないでね。だからこの映画に関われてすごく誇りに思うわ」

そんな彼女だが、本作で父娘役での共演を果たした名優ロバート・レッドフォードに話が及ぶと、一気に興奮モードへ! 彼との共演を「信じられないほど素晴らしかった」と振り返り、その魅力を絶賛している。「みんなが最初はとてもナーバスになったのよ。そして、ロバートがセットにやって来た時...彼は私たちの(仲間の)一人だったの。とてもクールで、とても頭が良くて、興味深くて、素晴らしくて、完璧なコラボレーターだった。また、スーパー・ハンサムなのよ!(大笑)」ブライスも大興奮の共演シーンは、ぜひ本編でチェックしてみてほしい。

映画では、人間たちに見つかり狙われてしまったエリオットを助けようと、ピートやグレースたちが奮闘する姿が描かれる。果たしてピートとエリオットの運命は!? 二人の奇跡の友情に思わず胸が熱くなる『ピートと秘密の友達』は4月5日(水)よりブルーレイ(デジタルコピー付き)、DVDで発売。先行デジタル配信中。(海外ドラマNAVI)