『フジ三太郎とサトウサンペイ』

写真拡大

 忘れられないあの漫画。そこに描かれたサラリーマン像は、我々に何を残してくれたのか。「働き方改革」が問われる今だからこそ、過去のコンテンツに描かれたサラリーマン像をもう一度見つめなおして、何かを学び取りたい。現役サラリーマンにして、週刊SPA!でサラリーマン漫画時評を連載中のライター・真実一郎氏が、「サラリーマン漫画」作者に当時の連載秘話を聞く連載企画。

 第2回目に取り上げる『フジ三太郎』は、朝日新聞が日本で最大部数を誇った時代に長期連載されていた、4コマサラリーマン漫画の代表格。国民的な知名度を誇った三太郎は、「典型的なサラリーマン」として国内外に認知され、その社会的影響力は絶大だった。

 今回は作者であるサトウサンペイ先生に、祖父の代に作られたという「サトウクロック」の壁時計がかかるご自宅で話を伺った。御年87歳。戦争とサラリーマンが地続きだった時代からバブルの崩壊まで、世相を風刺し続けたサトウ先生のお話は、フジ三太郎と同様、ユーモアとウィットに富んでいた。

◆「漫画の履歴書」がきっかけでサラリーマンから漫画家に

――僕の実家はずっと朝日新聞をとっていました。小学生の頃って、新聞で読むところってテレビ欄と『フジ三太郎』だけだったんですよ。記事は読めないけれど、三太郎を読むことで、少しだけ大人になった気持ちでした。

サトウ:当時は小学生まで読んでいるとは考えてなかったけど、2009年にブログを始めたときに、コメントがいっぱいきて、そこで「子供の頃に読んでいた」という人がいっぱいいたのを知ったよ。

――私の父はサラリーマンだったんですが、父が毎日通っている会社というところがどういう場所なのか、仕事ってどういうものなのか、『フジ三太郎』を読みながら想像していました。サラリーマンの仕事って、子供は覗けないので。

サトウ:僕の育った家庭環境にはサラリーマンが一人もいなかったんだよ。実家は祖父の明治時代から柱時計を作っていた。工場は空襲で焼けてしまったけれど、今でも続いていたら僕が三代目になって、銀座四丁目の角に佐藤クロックビルを建てていた(笑)。結局戦争は負けて工場を継ぐというチャンスもなかったし、家も空襲で焼かれたし、孤児みたいなもんだったよ。だからサラリーマンという存在がそもそも周りにいなかった。

――サトウ先生ご自身は、百貨店の大丸に就職して、7年間ほどサラリーマン生活を経験していますよね。

サトウ:京都高等工芸(現在の京都工芸繊維大学)の老教授が、成績悪いからコネを見つけてくれて、心斎橋の大丸の宣伝課長(OB)に会って書類を渡せと言った。それで履歴書も付けて持っていったら、先輩は鼻の赤い呑兵衛の顔だった。その晩、雨と酒で泥んこになって、履歴書は洋服と一緒に洗濯屋へ行った。1か月たっても連絡が来ない。改めて宣伝部に行ったら、びっくりし、僕の手を引っ張って人事部へ。「わかりました、もう一回書類と履歴書を出して下さい」。

 当時は毛筆で書かないといけないので、前のは同級の筆達者な友人に書かせたんだけど、今ここにいない。それで画用紙を買ってきて、生まれて初めて漫画を描いた。「1929年9月11日に生まれる」から始まって、赤ちゃんのちんちんを少し大きめに描いて(笑)。学徒動員のこととか4人に失恋した期日とか、自己紹介を一晩で描いた。カラーで8ページぐらいかな。

――普通は履歴書を漫画で描かないですよね?

サトウ:サラリーマンがどういうものなのか知らなかったから、そんなことが出来たんだよね。やっぱり中では大揉めだったみたい。こんなふざけた奴を採用するのかって。

――百貨店の仕事ってどんな感じだったんですか?