湾岸タワマン生活なのに家計は破産寸前!そのワケは…

写真拡大

 最近、個人消費が3ヶ月ぶりに上方修正されるなど、景気の良いニュースもあるが、実のところ巷では破産する人が後を絶たない。それは、2016年の個人の自己破産申し立てが13年ぶりに増加したことからも言える(最高裁の速報値による)。

 では、実際どのような人がセッパつまった家計状況にあるのだろうか? 破産が近い赤字家庭を取材してみた。

◆減り続ける預金残高。無計画な買い物とタワマン生活

・小林勇太さん(仮名・33歳)外資系メーカー企画営業 年収640万円

 外資系メーカーに勤務し、30代前半で手取り40万円、湾岸エリアのタワーマンション住まい。一見華やかに見える生活とは裏腹に、毎月確実に減っていく預金残高。「どこかで変えないと」と語る小林勇太さんが赤字生活に突入したのは、結婚した3年前だった。

「結婚を機に住み始めました。タワマンへの憧れは別になくて、立地や環境面を重視して割安だったから。家賃は20万円ですが、住みやすくて気に入っています。ただ、コツコツ貯めた800万円の預金が300万円に減ってしまい、少し焦っていますね」

 見えを張った選択ではないと語る小林さんだが、「友達が来ると『いいトコ住んでるな』と言われますね」と、優越感に浸る様子も見え隠れする。月給の半分が家賃で明らかに分不相応だが、こうした金銭感覚があらゆる場面に垣間見られた。

「服は節約のためアウトレットでまとめ買いです。安いので迷ったら色違いで買ってしまうのが難点ですが」

 玄関には色違いの靴が3足、クローゼットには柄のシャツがあふれていた。

◆趣味の海外旅行が家計を圧迫

 家計を管理する専業主婦の妻からおとがめはないのだろうか。

「妻もネイルサロンや整体に頻繁に通っているので、あまり言わないですね。パートでもしてくれたら助かるのですが、本人にそのつもりはなさそうです」

 毎月の赤字に加え、2人の趣味は海外旅行だ。年に2回の旅が家計をさらに圧迫している。

「今年の年末もアンコールワットで過ごしました。子供ができたら海外には行けなくなるので、今のうちの贅沢です。今回は安く抑えようとホテルのグレードは低めにしたのですが、『せっかく行くんだから』と一通りオプションをつけたら、2人で30万円以上かかってしまいました」

 夫婦そろって楽観的かつ無計画で、家計の赤字には無頓着。このままではあと2年ほどで貯金は底を突く。子供ができようものなら、タイムリミットは残りわずかだ。
=================
収入 40万円
――――――――――――――――
支出 51万円
家賃 20万円
光熱費 2万円
ネット・ケータイ代 2万円
保険 10万円
食費 5万円
本人の小遣い 7万円
妻の小遣い 5万円
(海外旅行30万円×年2回ほかあり)
――――――――――――――――
収支 -11万円
・ボーナスは海外旅行などの臨時出費に。毎月10万円超の赤字で、貯蓄がみるみる減少中
=================

◯節約アドバイザー和田氏のチェック!!
 趣味にお金をかけるのは悪いことではありませんが、欲望のままに使うのはNG。タワーマンションに住むなら旅行や靴、服は諦めるなど使う部分と節約する部分のメリハリをつけるべきです。

―赤字300世帯から判明![破産する人]の生活習慣【2】―