写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が2日、東京・台場のフジテレビ本社前で行われた同局系月9ドラマ『貴族探偵』(17日スタート、毎週月曜21:00〜21:54 ※初回30分拡大)の会見に登場。今作を含め、ここ最近大きな仕事が続いていることに「相葉くんすごいっすね!」と客観的に驚いた。

相葉は昨年末の『NHK紅白歌合戦』白組司会、そして30周年を迎える今回の月9主演と大役が続いているが、「あんまり振り返って考えてはなかったんですけど、相葉くんすごいっすね!」とあらためて驚きを実感。「考えるほど考えるほどプレッシャーはかかってくるので、僕は自分のできることを全力でやるのが務めだと思っています」と気を引き締めた。

2015年の『ようこそ、わが家へ』でも主演を務めた月9だが、「物心ついたときから、月曜9時はドラマがやっていたので、そんな枠に2回も出させてもらえるというのは、すごい光栄なことですし、考えてみると不思議です」と、率直な心境を吐露。

この日の会見は、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊も出席し、ほかにも、仲間由紀恵ら豪華キャストが集結するが、「こんな機会はもう一生ないと思うので、すごい勉強させていただこうかなと思っております」と謙虚に語った。

月9と言えばラブストーリーだが、今作は相葉演じる本名不明で貴族を名乗り、探偵を趣味にする青年が、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている間に、絶対的な忠誠心を持つ召使いたちが、捜査へ動き出すというストーリー。

相葉は「しっかりとした推理がありますし、そこに貴族たちがどう絡んでいくのかをポイントに見ていただければ」と語りながらも、「月9なんで、もしかしたら"ラブ"もあるかもしれませんよね?」と期待を語り、集まった1,000人からも歓声が。ただ、前回主演した『ようこそ、わが家へ』では、「ストーカーに追われるだけでしたけど(笑)」と苦笑いしていた。