桃園メトロ提供

写真拡大

(桃園 2日 中央社)桃園メトロ(MRT)空港線が正式開業してから2日で1カ月が過ぎた。同社によると、利用客数は毎日平均6万6000人。着実な増加がみられるとしている。

3月2日から同28日までの利用者数は180万人を突破。平日より利用が多い休日には平均9万人が乗車しているという。2日午前には、各駅で記念のカップケーキが乗客に配られた。

1日までは全線で運賃が5割引となるキャンペーンを実施していたが、2日から平常通りに戻り、台北−桃園空港間は160台湾元(約590円)となった。今後は通勤需要に応えて運賃が最大4割引きになる定期券などを発行し、利用を呼びかけている。

(邱俊欽/編集:齊藤啓介)