「力の強い女ト・ボンスン」パク・ボヨン&ZE:A ヒョンシク、甘いキスに視聴者も“うっとり”

写真拡大 (全2枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
パク・ボヨンとZE:Aのヒョンシク、ぜひ恋だけさせてください!

韓国で1日に放送されたJTBC「力の強い女ト・ボンスン」で、ト・ボンスン(パク・ボヨン) とアン・ミンヒョク(ヒョンシク) は互いへの愛情を隠さなかった。

二人はアン・ミンヒョクの華やかな恋愛経験をめぐって喧嘩したり、ロマンチックな言葉で相手をときめかせたりした。アン・ミンヒョクはト・ボンスンを家まで送り、「君がどんなに力が強くても、僕には守ってあげたい女性だ」と囁いた。

眠る直前、ト・ボンスンとアン・ミンヒョクは互いに「ボンボン」「ミンミン」という愛称を書いたお休みのメッセージを送った。アン・ミンヒョクは「この子、本当に人間なの? どうやって表情だけで人を殺せる?」と言い、なかなか眠ることができなかった。

ト・ボンスンのためのアン・ミンヒョクのロマンチックなプレゼントも続いた。アン・ミンヒョクはト・ボンスンにそっくりのゲームのキャラクターを作ってあげた。コン秘書(チョン・ソクホ) が「どこが似ているのか」と責めても、二人の耳には聞こえなかった。さらにアン・ミンヒョクは「ト・ボンスンのほうがずっと綺麗」とト・ボンスンを褒めた。

生まれて恋愛は初めてであるト・ボンスンのための配慮も忘れなかった。会社の中で密会を楽しみながらも、アン・ミンヒョクはト・ボンスンにキスをしなかった。ト・ボンスンが驚くかもしれないと思い、配慮したのだ。それでも明るく笑うト・ボンスンを見て「そんなふうに笑わないで。ときめくから。心臓に悪い」と言い、じれったい気持ちを表した。アン・ミンヒョクは唇の代わりにト・ボンスンの額に軽くキスした。

苦難の末にファーストキスは海辺で成功した。アン・ミンヒョクは砂の海辺でハートの半分を描き、「僕、ここに立っているけど、僕に来る?」と質問した。

ト・ボンスンは少しも迷うことなく残りのハートの半分を描いた。その後、アン・ミンヒョクに一歩近づいた。今回のアン・ミンヒョクは迷ったり止めたりしなかった。そのままト・ボンスンにキスした。

同日、帰宅の道でアン・ミンヒョクは「本当に会いたいのに、目を閉じると頭に浮かばない時がある。その時僕はとても悲しい。ありがとう。僕の人生に現れてくれて」と打ち明けた。

来週の予告編では一歩遠くなるト・ボンスンとアン・ミンヒョクの姿が描かれた。犯人のキム・ジャンヒョン(チャン・ミグァン) に捕まったナ・ギョンシム(パク・ボミ) のことで二人の仲が悪くなったためだ。