「私の耳にキャンディ2」パク・ミニョン、イ・ジュンギとの最後の電話で“涙”

写真拡大

「私の耳にキャンディ2」イ・ジュンギがパク・ミニョンの正体を知っていた。これを受け、パク・ミニョンは涙を流した。

イ・ジュンギは、韓国で1日の午後放送されたtvN「私の耳にキャンディ2」でパク・ミニョンと電話中に「ミニョン、幸せにね」と話した。

パク・ミニョンはイ・ジュンギの正体を知っている状況。しかし、イ・ジュンギは彼女の正体が分からず、焦る様子を見せていた。イ・ジュンギはパク・ミニョンにヒントを求め、少しずつ彼女の正体に近づいていくようだった。これに先立ち、グラビア撮影で1回共演したことがあった二人。

イ・ジュンギは最後の電話を終えようとしたとき、いきなり「ミニョン、幸せにね」と話した。彼女の正体を知っていたのだ。パク・ミニョンは涙を流した。その後、丁寧な敬語で先輩に向けた態度となり、笑いを誘った。