ドレイク『More Life』

写真拡大

 まるで春の嵐のように、3月に入ってからホットな新譜ばかりが続くUSのヒップホップ・シーン。すでに本年の最重要作品ともいえる楽曲のリリースが相次いでいる。まず、数日前に発表されたばかりのホットな最新楽曲から紹介していこう。

 日本時間の3月31日の朝、ケンドリック・ラマーが新曲MV「HUMBLE.」を発表した。

動画はこちら。

 ジャケットに写っているのは、教会のような場所で聖教師のローブをまとったケンドリックの姿。「謙虚」という意味を表すタイトルに重厚な雰囲気を帯びたジャケットだが、本楽曲の内容は相当ハードなものに。「俺が左に打てばヴァイラル(口コミ)・ヒットに、右に打てば小さいベイビーたち(=実力のないラッパーたち)が渦に巻き込まれちまう」と実力をひけらかしながら、フックでは「ちっぽけなビッチ、待てよ。出しゃばるな(Be Humble)」と、他者を諌めるケンドリック。ヴァース2では「オバマだって俺に会いたくて、ホワイトハウスに呼び出した」と、実際に彼がオバマ前大統領にホワイトハウスへと招待された事実も織り交ぜながら鋭く攻撃している。

 ここで気になるのが、一体誰を攻撃しているのか? という点。これに関しては、兼ねてより潜在的なビーフが噂されてきたビッグ・ショーンとドレイクという二人のラッパーにその焦点が合っていきそうだ。歌詞に登場する「A.M. to the P.M., P.M. to the A.M.」という箇所は、ドレイクが得意とする「AM-PMシリーズ」を想起させるし、フックで使用されている掛け声のような「Hol’ Up (=Hold Up)」、「Lil’ bitch」というフレーズは、ビッグ・ショーンが頻用することでもおなじみだ。「お前のやることには驚かねえ」というリリックも、サプライズ・リリースや次々と新しい手法を用いて楽曲を作っているドレイクに向けたものかもしれない。加えて、「フォトショップ加工にはもうウンザリ。アフロ・ヘアやセルライトがついたケツみたいに、もっとナチュラルなものを見せてみろ」というラインが。ここは、整形疑惑(とくに豊尻手術)も度々ウワサされるニッキー・ミナージュに向けたものか? と思わせる箇所でもある(ちなみにこの時点でMVに出て来る女性はニッキーそっくり!)。

 ちなみに、本MVを監督したのはデイヴ・メイヤーズとザ・リトル・ホーミーズ。ザ・リトル・ホーミーズは、ケンドリックが所属するレーベル<TDE>の幹部であるデイヴ・フリーのことでもあるが、ともに名を連ねるデイヴ・メイヤーズといえば、これまでにジャスティン・ビーバーやノー・ダウト、アリーヤなどのMVも手がけてきた名うての映像監督。特にミッシー・エリオットとの好相性でも知られ、以前からかなりぶっ飛んだMVを数多く手がけてきた人物だ。

 ミッシーとの作品には、もともとドキッとするグロテスクな描写も少なくなかったが、今回も映画『マルコヴィッチの穴』を想起させるような集団のシーンや、ケンドリックの頭に炎が燃えるシーン、そして「最後の晩餐」を模したシーンなど、強烈なシーンがいくつも散見される。また、本楽曲のプロデュースは、アトランタ出身の人気プロデューサー、マイク・ウィル・メイド・イットによるもの。ジェイ・Z、ビヨンセ、リアーナ、フューチャー、レイ・シュリマーといったアーティストたちにヒット曲を提供してきた、今、最も勢いのあるプロデューサーの一人だ。ケンドリックの前作『To Pimp a Butterfly』のプロデューサーとしては、馴染み深いサウンウェーヴの面々やサンダーキャットといったメンバーが名を連ね、ロバート・グラスパーやジョージ・クリントンらまでもが参加していたが、マイク・ウィルを起用するあたり、次作のサウンド面においては、同じく人気ヒップホップ・プロデューサーのヒット・ボーイやT・マイナスらも参加した『Good Kid, M.A.A.D City』に似た雰囲気になるのでは? とも推測できる。もしくは、その二作を凌駕するよりハイエンドなサウンドだろうか(もちろん後者を期待する)。マイク・ウィルといえば、多くのゲストが参加した彼名義のアルバム『Ransom 2』も発表されたばかり。ケンドリックも参加しているので、興味がある方は是非こちらも御一聴を。

 もう一つ、ケンドリックの楽曲を。「HUMBLE.」がリリースされた約1週間前、突如として「The Heart Part 4」を発表したケンドリック。楽曲発表の前日には、Instagramの全投稿を削除し、「IV」と書かれた画像のみをポストしたことも、ファンの間で話題になっていた。「The Heart」シリーズは2010年より続くケンドリックの楽曲群であり、いずれもアルバムには収録されず、番外編的なシングルとして位置付けられてきた。

 「The Heart Part 4」においても、他ラッパーへの容赦ない痛烈なディスが話題になっており、その時もやはり矛先はビッグ・ショーン、そしてドレイクに向けられているのでは? と憶測が飛び交ったのだった。本曲では自身のことを「ヒップホップ・ライムの救世主」「俺は“あのキング”で名が通ってる」といい、ドナルド・トランプが当選してしまった米大統領選挙のことやロシア情勢にも触れ、攻撃的なモードが加速している。そして、ファンの間で最も話題になったのは、本楽曲の最後にスピットされる「4月7日、お前ら準備しとけよ」というラインだ。これは! 紛れもなく! ケンドリック待望の新作への予兆ではないか!! 前作『To Pimp a Butterfly』では内省的な問題の裾野をジワジワと広げるように、社会情勢が抱える闇や問題をラップにして届けていたケンドリックだが、今回はそれ以上に攻撃的な側面が取り沙汰されるような内容になるのかもしれない。

 そして、ケンドリックからけちょんけちょんにディスられている(と推測されている)ドレイクだが、彼もまた3月18日に、全22曲、全尺80分以上というとんでもない大作『More Life』を発表した。アルバムでもミックステープでもなく「プレイリスト」という形式で発表された『More Life』だが、確かに、これまでの彼のアルバムと比較するとより雑多でコラージュ感が強い印象を受ける。時に「ラップじゃなくて歌ってる!」と揶揄されることも多いドレイクだが、冒頭の「Free Smoke」ではそれらの声を撥ね付けるかのように力強いスピットを聴かせ、一気にリスナーを惹きつける。かと思えば続く「Passionfruit」では、昨年のヒットシングル、「One Dance」や「Controlla」を思わせるようなトロピカルなヴァイブスを吹き込んでいる(これがまた、めっちゃ気持ちいい曲なんです)。

 かねてよりスケプタといったUKのグライム・シーンとの親交も深く、スケプタのレーベル、<Boys Better Know>との契約も話題になっていたドレイク。今作で注目されるべきは、そういったUKのアーティストも拾い上げているところだ。中でも強い存在感を放っているのがギグスだろう。UKのハードコア・ラッパーであり、もちろんスケプタらとの交流も深いギグス。『More Life』では「No Long Talk」、そして「Kmt」の二曲で参加している。筆者は特に「Kmt」で聴かせるギグスの超ハードでダークなライムに脳天を撃ち抜かれてしまった。他、『More Life』には前述したスケプタやサンファ、ジョルジャ・スミスといった気鋭のUKアーティストも参加している。サウンド面においても、グライム・シーンで活躍するナナ・ローゲスや、南アフリカのトップ・ハウスDJであるブラック・コーヒーらが参加し、ドレイクのサウンドスケープにより奥行きを与えている。サンプリング・ソースにも、ハイエタス・カイヨーテやムーディーマンのシャウトを用いるなど、これまでの作風とは一線を画すようなアプローチも見受けられる。一方で、ヤング・サグや2チェインズ、クアヴォ(MIGOS)、トラヴィス・スコットら、アメリカのチャートを賑わすヒット・ラッパーたちもこぞって参加しているのも、ドレイクならでは。カニエ・ウエストを招いた「Glow」では終盤にアース・ウインド&ファイヤーの「Devotion」用いており、いつもとは違うアトモスフィアを演出している。昨年末はツアーをキャンセルし、精神を病んで入院、その後、なかなか公の場に姿を現さなかったカニエだが、この「Glow」ではまるで10年ほど前のレコーディングかと思うほどに声の張りを強調しているし、リリックの内容も非常にポジティブで、カニエ贔屓の筆者は安心した次第だ(タイトルの「Glow」は光る、という意味)。

 先述のケンドリックではないが、「流行りのトレンドを食い物にしている」とドレイクの姿勢に対するヘイターもかなり多い。だがしかし、この『More Life』を聴くと、多種多様な音楽のエッセンスをひとまとめにし、キャッチーなヒップホップ・チューンに作り上げることに関しては、現在のドレイクの右に出るものはいないということがよく分かる。雑多なプレイリストという形態をとってもなお、そこには強烈なドレイク・イズムが香っているし、結果、本作はSpotifyとApple Music上にて1日の最高ストリーミング回数記録を更新した。Spotifyにおいては、2017年3月3日にエド・シーランが打ち立てた5670万回という記録をわずか2週間で破ってみせ、1日に6130万回という記録を樹立。さらに、Apple Musicではアルバム単位で8900万回の再生数を打ち立て、自らが昨年『VIEWS』で作った記録を更新してみせた。また、アルバムが発売された翌週にはビルボードのシングル・チャートであるHOT100チャート内に『More Life』の全曲がチャートインするという快挙に。ニッキー・ミナージュの「No Frauds」、そしてグッチ・メインの「Both」といった客演楽曲も含むと、100位以内にドレイク関連の楽曲が24曲も並ぶという異例の事態を起こしたのだった。筆者としては、こうした「ドレイク無双」の状態はまだまだ続くと思っているし、これだけのムーブメントを引き起こすスターがヒップホップ・シーンから出てくるという事実もまた、嬉しく思っている。

 2017年も忙しいヒップホップ・シーンだが、続報はまた数カ月後に!(文=渡辺 志保)