映画にほれ込んだシーアが書き下ろし (C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

写真拡大

 5歳で迷子になった男性が、Google Earthを駆使して25年ぶりに生まれ故郷を見つけ出した実話を映画化し、第89回アカデミー賞で6部門の候補になった実話ドラマ「LION ライオン 25年目のただいま」の新たな予告編が、公開された。生田斗真の主演作「秘密 THE TOP SECRET」にも楽曲提供した世界的歌姫SIA(シーア)による書き下ろし主題歌「NEVER GIVE UP」が使用されている。

 インドの貧しい村で暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワールくん)は、停車中の長距離列車で眠り込み、見知らぬ土地に運ばれてしまう。数奇な運命をたどりオーストラリアの夫婦の養子となったサルーは、大学のクラスメートのアドバイスを受け、Google Earthで故郷を探し始める。「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテルが大人になったサルー、オスカー女優ニコール・キッドマンがサルーの養母スーを演じて共にオスカーノミネートされたほか、「キャロル」のルーニー・マーラがサルーの恋人ルーシーに扮する。

 「NEVER GIVE UP」は、本作にほれ込んだシーアがグラミー賞受賞の音楽プロデューサー、グレッグ・カースティンと作り上げたエモーショナルなナンバー。主人公サルーの気持ちに寄り添い、タイトルにもなっている「NEVER GIVE UP(絶対にあきらめない)」という力強いメッセージを歌い上げている。映像中には、初公開となるシーンも含まれており、迷子になり路上で暮らす幼少期のサルーとある人物の出会いのシーンや、スーに迎え入れられたサルーがコアラのぬいぐるみを抱え、安どと寂しさが入り混じった表情を浮かべるシーン、望郷の念にとらわれたサルーが1人苦悩するシーンなど、より物語の深みが伝わる内容となっている。

 なお、シーアの楽曲だけでなく、「17歳のエンディングノート」「ロスト・エモーション」の作曲家ダスティン・オハローランとハウシュカが生み出したドラマティックな劇中音楽が高い評価を獲得し、オスカーノミネートを果たしたことも話題となった。

 「LION ライオン 25年目のただいま」は、4月7日から全国公開。