自身の出来には満足していなかった原川。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

【J1リーグ5節】FC東京 3-3 鳥栖/4月1日/味スタ

 劇的な展開で追いついたものの、原川に達成感はない。どちらかと言えば、「気持ちよくプレーできなかった」。
 
「多少支配されるかなとイメージしていましたが、それ以上にボールを保持できる時間が少なくても、あまり気持ちよくプレーできなかった。まあ、うちの前線は高さがあるので、失点しても相手に怖さを与え続けられる。攻撃はシンプルにできるところもあるし、そういう鳥栖の特長が出た(最後の)2ゴールだと思う。
 
ただ、失点しないのがこのチームの持ち味なので、ゼロで抑えながら隙を見つけて、2点目、3点目を取るのが理想。その意味で、守備に関してはもっとやるべきことが多いと思います」
 
 先制しながら追いつかれ、さらにチームのミスで2失点。一時は1-3となったのだから、反省点はあるだろう。原川が着目したのは、1-1に追いつかれた後の試合運びだ。
 
「勝っている時の試合運びが下手くそ。柏との開幕戦、広島戦でもそれを感じました。ベタ引きしちゃうというか、ボールを持ちながら試合をコントロールできるようにならないと。相手が嫌がる、もっと引き出しが多いチームにならないと」
 
 だから、自身の出来にもダメ出しをする。昨季までプレーしたボランチと比較すると、鳥栖で任されている4-3-1-2のインサイドハーフで「手応えはほぼなかった」。
 
「(FC東京戦では)ボールを触れてないし……。4-4-2にシステムが変わってから多少ボールに絡めるようになりましたが、試合を見直さないとなんとも。ボールを触ってなんぼのタイプなので。鳥栖の場合、中盤の3枚で4枚分の仕事をしないといけないから運動量を求められるし、ボランチよりスプリントの回数が多い。もっとも、中盤として根本的にやる仕事は変わらないので、これから自分の特長を出せるようにしたい」
 
 その特長を出す意味でも、チームの引き出しを増やしたい。
 
「リードしている時にあまりボールを受けたがらない。もっとみんながボールを受けたほうがいい。ロングボールを蹴ってしまう印象があるので、そういうところでひとつつなげるようなれば展開は変わる。そこを改善できれば2点目、3点目が取れる」
 
 フィッカデンティ政権下のFC東京もカウンター一辺倒になる傾向があった。ボールを持ってなんぼの原川が中盤でタメを作れるようになれば、鳥栖はまた違ったカラーを打ち出せるチームになれるかもしれない。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】FC東京×鳥栖の美女サポーターたち♡