愛娘の落胆ぶりを明かしたケイティ・ホームズ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

元夫トム・クルーズとの間に生まれた愛娘スリが米国大統領選の結果で激しく落ち込んでいると、ケイティ・ホームズが明かしている。

【写真を見る】ケイティ・ホームズとトム・クルーズの愛娘スリ/写真:SPLASH/アフロ

スリは、ヒラリー・クリントンが初の女性大統領になることを確信していたのだそうで、選挙の結果に傷心していたという。

「私は、今回はヒラリーが絶対に勝つと思っていました。それがあんなことになって…。彼女が勝てなかったことで失望しました。私の娘は10歳ですが、彼女もまったく同じように傷ついていました。私たちは女性として、まだまだ遠い道のりを歩いているんだなあと…」とケイティが語っているとContactmusic.comは伝えている。

ケイティは選挙前にヒラリーを熱烈に応援しており、スリを連れてヒラリー・クリントンと娘のチェルシーに会い、一緒に写った写真をインスタグラムにポスティングしていたこともあった。大統領選の結果には落ち込んだが、娘を持つ親たちは、子供たちを強く、そして他者のことを考える人間に育てる必要があるとケイティは主張している。

「私たちは、自分の娘たちを、自分のために強くなれるだけでなく、他者のために可能性の扉を開ける人間に育てなければいけません」「私たちはそれができるけど、世界にはそれをすることが困難な状況にある女性たちがたくさんいる。だから私たちが強くなって、彼女たちを助けなければ。お互いに助け合うのです。だから、強くあることが一番。そして、素晴らしい教育が大事です」と話している。【UK在住/MIKAKO】