ウルグアイのプンタデルエステから見た大西洋(2007年7月5日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】南米ウルグアイの海軍は1日、大西洋(Atlantic Ocean)で遭難した韓国の大型鉱石運搬船(VLOC)「ステラデイジー(Stella Daisy)」のフィリピン人船員2人が同日救助されたと発表した。

 ステラデイジーにはフィリピン人16人と韓国人8人の計24人が乗っていた。残る22人の捜索が続けられている。

 ウルグアイ海軍によると、ステラデイジーは現場時間3月31日正午(日本時間同日午後11時)前、浸水したと遭難信号を発信した。

 ステラデイジーはウルグアイの首都モンテビデオ(Montevideo)から約3700キロも離れた沖合にいたため、ウルグアイ海軍は当該海域にいた商船4隻に捜索に当たらせた。

 ウルグアイ海軍報道官はこの商船4隻が、救命いかだ3隻を収容し、フィリピン人船員2人を救助したと述べた。

 海軍は声明で、現場海域に到着した商船が「燃料の強い臭い」があり、船の破片も見つけたと連絡してきたため、ステラデイジーは損傷を受けて沈没した可能性が高いとしている。

 ステラデイジーはマーシャル諸島船籍で、ブラジルから出航していた。現時点で目的地は明らかになっていない。ブラジルも航空機を出して捜索に協力している。
【翻訳編集】AFPBB News