忙しく、あっという間に過ぎていく毎日ですが、1日のスタートである朝食タイムをホテルのリッチな朝食で充実させるとテンションも急上昇。1日中、豊かな気持ちで過ごせると、ホテルの朝食を食べる働き女子が増えているそうです。そこで早速、明日の朝行ける、または週末に訪れてゆっくり味わいたい、東京近郊ホテルの厳選モーニングをご紹介していきます。まず1回目は、自慢の卵料理からスタート!

 6種の絶品エッグベネディクトあり!朝からオーダーを迷うのも嬉しい悩み!?

東京駅直結という好アクセスな立地ながら、ラグジュアリーなモーニングタイムを過ごせるのが、シャングリ・ラ ホテル東京28階のイタリア料理『ピャチャーレ』。ランチやディナーは有名ですが、知る人ぞ知る朝食こそ賢女が味わうべきひと時なのです。

『朝食ビュッフェ』4400円(税・サービス料別)は、ビュッフェボードに並ぶ100種類以上の魅力的な料理に加え、オーダーしてからキッチンで作るメインディッシュを1品選ぶスタイル。メインは各種卵料理やパンケーキ、和朝食など種類豊富に用意されていますが、オーダーすべきはエッグベネディクト。6種類もあるエッグベネディクト セレクションの中からその日の気分で選ぶことができます。どのエッグベネディクトにしようか……と、迷うことさえ嬉しい朝の贅沢。

『朝食ビュッフェ』のメイン、6種類あるエッグベネディクト セレクションより『エッグロイヤル スライストマト マリネしたオマール海老のメダイヨン仕立て キャビア』。

人気が高いのは、リュクス極まる『エッグロイヤル スライストマト マリネしたオマール海老のメダイヨン仕立て キャビア』。丁寧にマリネされ絶妙な火入れのオマールエビと濃厚なソース、カリッと焼き上げられたマフィン、ポーチドエッグ、そしてキャビアなどが見事に調和した美味しさ。作り立てが目の前にサービスされ一口味わったとたんに、めくるめく美食の世界へと引き込まれていきます。

100種類以上の料理が用意されるビュッフェボード。コールドミートだけでなく温野菜や焼き物、オリエンタルから和食までが並び、こちらも選ぶのが悩ましい。

明るい自然光が降り注ぎ解放感ある空間。2フロア吹き抜けの天井とベネチアングラスに彩られたシックなインテリアが素敵。

ホテル28階から東京駅や丸の内エリアを一望しながらの美食モーニングでパワーチャージしたら、いざ仕事へGO! 気分よく働けそうですね。

【DATA】
シャングリ・ラ ホテル東京 28階 イタリア料理『ピャチャーレ』
住所:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
電03・6739・7888
『ピャチャーレ』の朝食営業時間は6:30〜10:00(土・日・祝日は〜10:30)無休
※朝食は宿泊ゲスト優先のため問合せを。
http://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/

ホテル最上階でヘルスコンシャスな朝食を

ウェスティンホテル東京『ビクターズ』 ヨーロッパのシャトーのような瀟洒な雰囲気。週末にゆっくり過ごすのもいい。

ウェスティンホテル東京の朝食として知られているのが、1F『ザ・テラス』のブレックファストブッフェですが、その人気ゆえ混み合うことも。実は、ホテル最上階のフレンチレストラン『ビクターズ』でも朝食が味わえ、ファンの間では密かな人気です。

『セレブリティ ブレックファスト』4630円(税・サービス料別)。スムージーやジュースなどのモーニングスターター、焼き立てパンやシリアル、フレンチトーストなどのエナジャイザー、メイン(ニュートリシャス セレクション)から各1品を選ぶ。

『セレブリティ ブレックファスト』は、心身のリフレッシュやボディーコンディショニング、アンチエイジングなどさまざまな視点から開発、構成されたプリフィクスメニュー。早くから食材にこだわり、スーパーフードを取り入れてきたウェスティンならではの朝食です。選べるメインの中でもオーダーしたいのは、高プロテインの『ホワイトエッグオムレツ 豆腐とベジタブルパンフライ』。自分の身体と向き合って、静かな朝を過ごすのにぴったりです。

【DATA】
ウェスティンホテル東京 22階 フレンチレストラン『ビクターズ』
住所:東京都目黒区三田1-4-1 
電話:03・5423・7777 
※『ビクターズ』の朝食営業時間は7:30〜10:00 無休
※婚礼やイベントで営業時間が変更になる場合あり。
http://www.westin-tokyo.co.jp/

晴れた日は緑豊かなテラスで朝食を!

ちょっと早起きした朝は、東京マリオットホテル1階にある『ラウンジ&ダイニングG』へ! 御殿山庭園の緑を望むロビーアトリウムでゆっくりと朝食を味わいたいもの。『ブレックファスト ブッフェ』の魅力は、焼きたてやカスタマイズできるメニューの幅広さ。必ずオーダーしたいのは、エッグステーションでシェフが焼き上げてくれるオムレツ。好みの具材や焼き方などをあれこれカスタマイズする楽しさが。ほかにも、新鮮な野菜で作るクラフトヘルシージュース、パティシェオリジナルレシピの焼きたてワッフル&パンケーキ、温かいスープやヌードルもオーダーしちゃいましょう。エスプレッソバーで淹れたてのコーヒーをテイクアウトできるのも忙しいビジネスウーマンには嬉しい心遣いですね!

『ブレックファスト ブッフェ』3240円(税、サービス料別)。オムレツにはほんのり甘くシナモン香る、料理長オリジナルのトマトケチャップを添えて!

品川駅にほど近いとは思えないほど静かな場所でのんびり〜。

 【DATA】
東京マリオットホテル1F『ラウンジ&ダイニングG』
住所:東京都品川区北品川4-7-36
電話:03・5488・3929
※『ラウンジ&ダイニングG』の朝食営業時間は、ブッフェ6:30〜10:00(アラカルトは〜11:00。いずれもLO) 無休 
www.tokyo-marriott.com/restaurants

食べて書いた人/はまだふくこ