『パワー・レンジャー・ターボ 誕生!ターボパワー』

写真拡大

東映のスーパー戦隊シリーズを元に作られ、アメリカを席巻したTVシリーズ『パワーレンジャー』。2002年に本国で放映されたドラマ『Power Rangers Wild Force(原題)』でレッドライオンレンジャーを演じたリカルド・メディナ・ジュニアに、ルームメイトを刺殺した罪で懲役6年の判決が下ったことが明らかとなった。米AP通信などが報じている。

リカルドは2015年1月にロサンゼルス近郊のアパートで、ルームメイトのヨシュア・サッターさんとリカルドの恋人を巡る口論の末、サッターさんを突き刺し殺害した容疑で逮捕されていた。口論はキッチンで始まり、一旦収まったものの、サッターさんがリカルドの部屋のドアを壊して無理やり入って来たため、勢いを増したようだ。事件当時、リカルドは正当防衛を主張し、1万ドル(約120万円)の保釈金を支払って釈放されていた。しかし継続捜査の結果、昨年1月に再度同じ容疑で逮捕されたリカルドは、今年3月半ばに「過失致死罪」を認めるに至った。

サッターさんの遺族は「この殺人者を牢獄に入れて、息子が味わったのと同じ恐怖を味あわせたい」と法廷で証言。リカルドを到底許すことはできないと語った。事件後、自身で救急車を呼ぶなど救命を試みたともとれる行動をとっていたが、遺族感情も考慮され、最長である6年の刑が科せられることとなった。

エリザベス・バンクス(『ピッチ・パーフェクト』)やブライアン・クランストン(『ブレイキング・バッド』)らが出演する日米ハイブリッド超大作『パワーレンジャー』は、アメリカでは3月24日(金)、日本では7月15日(土)より劇場公開となる。(海外ドラマNAVI)