男ウケが悪い下着を徹底リサーチ デートの時に避けるべきデザインは? 

写真拡大 (全10枚)

デザイン、着け心地、価格など“下着”を選ぶ基準は人それぞれですが、男ウケは無視することができないものです。そこで今回は、「男ウケが悪い下着」について20〜30代の男女にサーチしてみました。


透けないためにチョイスしたショーツや、「かわいい♡」と思っている下着のデザインに、彼氏はドン引きしているかも? それぞれの解決策と一緒にチェックしてみてね!

男ウケが悪い下着1. ヌードカラーやシームレスショーツ


白いボトムや薄手のスカートが活躍するこれからの季節は、ヌードカラーやシームレスショーツがお役立ち。しかし、それらのショーツに男心をくすぐるポイントはなにひとつなく、「マネキンみたい」「なにも履いていないみたい」などと評価は最悪です。

薄い色のボトムでデートに行くときのベストな下着は?
「いざ!」という時に彼氏を萎えさせたくないからといって、薄い色のボトムに真っ黒なショーツを合わせるわけにはいきません。そこでオススメなのが、白色のオールレースショーツ。


白色のオールレースショーツなら、お洋服に響かず彼ウケも抜群♡ ヌードカラーに比べると、身に着けている自分の気分も上がるはずですよ!

こんなアイテムがおすすめ


「整える」シンプル総レース ソング / ¥1296 / バックまでレースをふんだんに使用したソングショーツ☆ ベーシックなデザインで、はきやすさもバッチリ! リボン&ウエストや足回りテープの配色がデザインポイント♪


浅履き総レースプレーンショーツ / ¥648 / セクシーな総レース一枚仕立てのプレーンショーツ。浅履きタイプだからローライズボトムにぴったり! もちろんラインも響きません。デートの日用にするもよし、デイリーユースにするもよし♪


COLORSフラワーエシェルパンティ / ¥1058 / 全体をノスタルジックな柄行きのストレッチレースで仕立てたビキニパンティ。フロントはコットン混トリコットを裏打ち。センターに三角形のホールをあけてちょっぴり色気をプラスしました。

男ウケが悪い下着2. ボクサーパンツ


ラクな履き心地や動きやすさから、最近はボクサーパンツを愛用する女性が増えています。ジムに行くときやスポーツをする時に着用している人も多いのでは? しかし、女性のボクサーパンツに対する男性の意見は総じて辛口。「オンナ捨てたの? って思う」「ラク重視? ズボラか!」という意見の他にも、「チラッと見えただけでその日はしないね」「ムードなんてあったもんじゃない!」なんていう声も。



それでも「ボクサーパンツがいい」という時は?
一方、「動き回るおでかけの時こそ、ボクサーパンツでいたい!」というボクサーパンツ愛好家の女子も少なくありません。かといって、そのままボクサーパンツでお泊り→彼氏が萎えるという事態は避けたいですよね……。

そんな時は、ショーツを別で持ち合わせておくといいんだとか! 「タイミングを見計らって、ブラジャーに合わせたショーツに履き替えれば問題解決!」と、オンナを捨てたどころか女子力の高いアドバイスをぜひ参考に!

男ウケが悪い下着3. キャラクターデザインのショーツ


キャラクターデザインの下着に、色気は“皆無”と言っても過言ではない!? そもそも、キャラクターものに対する男女の温度差は激しいので「これには、素で幼女かと思う」といった冷ややかな意見も……。

キャラクターやデザイン次第でNG→OKに?
“キャラクターデザイン”と言っても、セクシーなデザインにさりげなくロゴが入っている程度なら「問題なし!」なんだそう。要するに、カジュアルすぎるデザインやキャラクターの主張が強すぎるものでなければいいということですね! 
確かに、お尻部分に「ドーン!」とキャラクターの顔があったらなんとなく気分が乗らないことも理解できます。女性はキャラクターものに弱いですが、この点については十分に気をつけましょう!

他には、
・生理用ショーツを普段履き
(手触りがイヤ、ズボラにも程がある、なんのための生理用? などの声も)
・クタクタになった下着
(糸がほつれていたり、色褪せているものはNG!)
・セクシーすぎるデザイン
(慣れている、やる気満々と思われているかも!)

などが挙げられていました。

下着はムードを演出するためだけのものではないので、男性の意見ばかりを優先するわけにはいきませんが、参考にすべきところですね。

重視するのは、デザイン、色、手触り!



女性の下着にこだわりを持つ男性は多く、主に重視する点は「デザイン、色、手触り」の3つなんだそう。
先ほどにも挙げたように、カジュアル、ポップすぎるデザインや、“おばさんっぽい”と言われるヌードカラー、さらに「綿100%や、ツルっとしすぎた触り心地はNG」なんていう意見に頷く男性も多かったので、素材も気にしてみるといいかも。

とはいえ、常日頃から「勝負下着」でいることは難しい! とにかくラクでいたい日や、キャラクターショーツに心を躍らせたい時だってあります。
そんな日とデートが重なったら。もしくは「もしも」の予感がする時は、ボクサーパンツのところでご紹介したように “ショーツを別で持ち合わせておく”というのも手かもしれません。
(RIKO)