フランス・ニースの裁判所前に止められた警察車両(2016年10月20日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランスの司法当局は、「テロ攻撃」の計画を立てた容疑で14歳と15歳の少女2人を同国南部で1日に逮捕したと明らかにした。

 司法関係者によると、少女2人は自宅の家宅捜索を受けた際、攻撃を計画していたと思われる物証が発見され、対テロ検察当局に拘束され尋問を受けていたという。

 捜査関係者がAFPに語ったところによると、現時点で犯行の準備がどれだけ進んでいたのかは分かっておらず、これまでに武器は発見されていないという。

 フランスでは最近の対テロ捜査により、襲撃計画やイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員や支援者と連絡を取っていた容疑で、少女数人を含む10代の若者多数が逮捕されている。

 過去2年間に多数のテロ攻撃事件が発生したことで、フランスは現在も非常事態宣言下にある。
【翻訳編集】AFPBB News