平昌パラリンピックの開幕(2018年3月9日〜18日)まで、あと1年を切った。3月には平昌や江陵(カンヌン)で本番会場を使ったアルペンスキーやノルディックスキーのワールドカップ(W杯)、車いすカーリングの世界選手権など、テストイベントが相次いで行なわれ、大会成功に向けて準備が進みつつある。


W杯白馬大会で今季初優勝を飾り、W杯総合優勝も手にした森井大輝(中央) そのプレ大会では、多くの日本人選手が表彰台に立ち、パラリンピック本番でも活躍が期待される選手が見えてきた。

 まずはベテラン勢から。アルペンスキーでは、森井大輝(36歳・トヨタ自動車)が2016-2017シーズンのW杯男子座位で個人総合優勝を果たした。栄光の証・クリスタルトロフィーを手にするのは、2年連続3度目となる快挙だ。シーズン前半のW杯の回転で2大会連続の表彰台。世界選手権のスーパーコンビでも2位に入った。続くW杯白馬大会のスーパー大回転で今季初優勝を飾ると、最終戦の平昌大会では滑降と大回転を制するなど、過酷な長いシーズンにおいて5種目すべてで安定した結果を残した。

 今季は雪不足や暴風などの影響を受けて、海外合宿でも十分なトレーニングができていなかったという。海外の10代、20代前半の新鋭たちの急成長も目立ったが、本人に焦りはない。シーズン終盤の白馬でようやく頂点に立った際も、「これから勝ち癖をつけていければ」と話していた。そして、その直後に本番会場で有言実行の2勝をマーク。ライバルたちに王者の貫禄を見せつけた。

 森井は4歳からスキーを始め、高校2年の時に交通事故で脊髄を損傷。チェアスキーヤーとして雪上に戻ってからは、すぐにその才能を開花した。鋭く弧を描くカービングターンの技術を磨き、世界を牽引する存在となった。過去4度のパラリンピックで4つのメダルを獲得しているものの、唯一手にしていないのは”金メダル”だ。その獲得は悲願であり、使命でもある。

「平昌では、てっぺんしか狙っていない」。そう言い切る王者の滑りに、来シーズンも注目したい。

 ノルディックスキーの新田佳浩(36歳・日立ソリューションズ)は、2月の世界選手権でクロスカントリー・ロング・クラシカルで銅メダルを獲得し、世界選手権では実に12年ぶりに表彰台に上がった。また、本番会場を使ったW杯第3戦の平昌大会はスプリントで2位、ミドル10キロで優勝と調子を上げ、さらに直後のW杯最終戦・札幌大会ではショート5キロで銀メダルを手にするなど、存在感を示した。

 ソチパラリンピック以降は、自身の調整をそれまでの単年計画から4年間の長期計画に切り替えた。来年の3月に照準をあわせ、「自分自身と対話し、また長濱一年(かずとし)コーチとも密にコミュニケーションを図っているところ」だと言い、その中で結果を残したことは大きな自信につながるだろう。

 3歳の時にコンバインに巻き込まれる事故で左前腕を切断した。小学3年からクロスカントリースキーを始め、長野パラリンピックに17歳で初出場。「クラシカルの技術は世界一」と言われ、ソルトレークシティ大会では5キロで銅メダル、そしてバンクーバー大会では2種目で金メダルを獲得した。

 だが、前回のソチ大会では表彰台を逃す。

「このままでは終われない」

 ベテランの域に差し掛かった新田の心に火がついた。平昌パラリンピックでの目標は、「初戦のクラシカル・スプリントで金メダル。最終日のミドルでもう一度表彰台に乗ること」。出場すれば6大会目となる最高峰の舞台で、リベンジを誓う。


まだ20歳の大学生ながら、エースとして成長を続ける村岡桃佳 photo by AFLO SPORT 一方、若手選手の活躍にも期待が集まる。アルペンスキーの村岡桃佳(早稲田大)は、3月3日に20歳を迎えたばかり。今季は世界選手権の女子座位3種目で銅メダルを獲得し、W杯白馬大会ではスーパー大回転で優勝。直後の平昌大会でも4度、表彰台にのぼっている。

 村岡が本格的に競技を始めたのは、中学3年の時。世界トップクラスの実力と実績を誇る森井や狩野亮(マルハン)ら日本男子選手から、スキー技術はもちろん、用具のケアやレース展開、メンタル面の調整まで親身に教わった。先輩たちの言葉をスポンジのようにどんどん吸収し、高校2年の17歳の時に出場したソチパラリンピックでは、大回転で5位と健闘した。

 平昌パラリンピックは、メダル候補の一角として臨むことになる。今季は、持ち味のキレのあるターンに磨きをかけ、より旗門に近いラインを攻める滑りを見せた。報道陣の前でも自分のレースを冷静に分析するその姿には、エースとしての風格が漂う。ソチから大きく成長した村岡の活躍が楽しみだ。

 ソチパラリンピックでアルペンスキーの中の一種目だったスノーボードが、平昌パラリンピックでは独立して一競技として実施される。スノーボードクロスと、3回の滑走の最速タイムを競うバンクドスラロームの2種目がある。この競技で注目されているのが、成田緑夢(ぐりむ/23歳・近畿医療専門学校)だ。

 成田は、スノーボードでトリノ五輪に出場した童夢さんを兄に、今井メロさんを姉に持つ「成田3きょうだい」の末っ子だ。スノーボードとスキーのハーフパイプで活躍していたが、トランポリンの練習中に着地に失敗。左ひざから下の感覚を失う障がいが残った。夢は五輪からパラリンピックへと移り、パラ陸上の走高跳びの選手として活動しつつ、昨年から本格的にパラスノーボードを始めた。

 昨年10月のW杯のバンクドスラロームで4位に入ると、年明けの北米選手権とW杯のスノーボードクロスで3連勝。さらに、世界選手権ではバンクドスラロームで銅メダルを獲得。そして、W杯最終戦の平昌大会ではこの種目で初優勝、スノーボードクロスでも3位と、見事ダブル表彰台を実現した。一躍平昌パラリンピックの期待の星となった成田。この1年でのさらなる飛躍から目が離せない。

 なお、アイススレッジホッケー(※パラアイスホッケー)日本代表は、平昌パラリンピック出場切符獲得のラストチャンスとなる、最終予選(今秋開催予定/開催地未定)への出場が決まっている。また、車いすカーリング日本代表は、昨年11月の世界車いすBカーリング選手権大会で敗れ、パラリンピック出場を逃している。
※2018年より名称が変わる予定

 平昌パラリンピックでは6競技80種目が実施される。前回のソチ大会で日本は、金3、銀1、銅2の計6個のメダルを獲得しているが、その大幅な更新に期待したい。

■パラスポーツ 記事一覧>>