【警告】仙台=富田(41分)、 川崎=谷口(52分)、ハイネル(58分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】小林悠(川崎)

写真拡大 (全2枚)

【チーム採点・寸評】
仙台 5
前半、川崎のプレスに怯み、選手同士の距離を広げられ、防戦一方に。後半は決定機も作ったがシュートまで行く場面が少な過ぎた。

【J1速報】仙台×川崎マッチレポート
 
【仙台|採点・寸評】
 
GK
21 関憲太郎 5.5
決定的な場面でのセーブもあり2失点は責められないが、ディフェンスラインをもう少し押し上げたかった。
 
DF
25 菅井直樹 5(58分OUT)
攻撃では周囲との連係を欠き決定機に絡めず、守備でも力強さを欠き、途中交代はやむなし。
 
27 大岩一貴 5.5
1対1での強さは見せていたが、パスミスもあり、攻撃の起点にはなれなかった。
 
13 平岡康裕 5.5
劣勢の中でも縦パスを果敢に入れようとしたが、選手間の距離を修正するのに時間を要した。
 
5 石川直樹 4.5
小林悠との1対1で相手にスピードを生かされ突破を許し、クロスを上げられ、2失点に絡んだ。
 
MF
18 三田啓貴 5
ボールロストが多く、効果的に攻撃を組み立てられず、守備でも相手のキーマンを止めきれなかった。
 
17 富田晋伍 5
特に前半は中村、大島といったキーマンを自由にさせ、ピッチの中で修正することができなかった。
 
10 梁 勇基 5(67分OUT)
ハードワークはしていたが、決定機をつくり出せず、ゴール正面のフリーキックも枠を外した。
 
2 永戸勝也 5
後半こそクロスから決定機を作ったが、前半は消極的なプレーが目立ち、ハイネルとの1対1も劣勢だった。
FW
7 奥埜博亮 5.5(83分OUT)
攻守に献身的に動いてはいたが、相手の背後を突く動きを封じられ、シュート0に終わった。
 
11 石原直樹 5.5
前線でボールを収め、決定機を作ろうと孤軍奮闘したが、他の選手との距離が遠く、シュートも0に終わった。
 
交代出場
DF
4 蜂須賀孝治 5.5(58分IN)
攻守に積極性を見せ、クロスから決定機も作ったが、得点につなげる精度の高いクロスは上げられなかった。
 
FW
20 クリスラン 6(67分IN)
連係はまだまだだが、高さ勝負とスピードで脅威にはなった。終了間際のヘディングシュートは惜しくも決まらず。
 
MF
14 金久保順 -(83分IN)
出場時間が短く、決定機にも絡むことはできず、試合の流れを変えられなかった。
 
監督
渡邉 晋 5
後半多少バランスを修正できたが、相手を上回る積極性を選手に授けることができなかった。
【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
負傷者が多かったが、長谷川、ハイネルらこれまで出場機会の少なかった選手が躍動。後半前掛かりな相手の背後を突き試合を決めた。
 
【川崎|採点・寸評】
GKチョンソンリョン 6.5
少ない守備機会で集中したセービングを見せた。前に出る判断が良く、ほぼ正面でシュートをキャッチするなど準備の質が高かった。
 
DF
2 登里享平 5.5
攻守に大きな破綻は無かったが、欲を言えばもう少し決定機に絡む場面を見せたかった。
 
3 奈良竜樹 6.5
体を張って仙台の攻撃をはね返し続け、無失点勝利に大きく貢献。1対1の場面でも冷静さが光った。
 
5 谷口彰悟 6.5
DFライン背後のスペースをうまくケアし続け、後半相手の決定機も破綻無く守備を統率した。
 
7 車屋紳太郎 5.5
大きなミスは無く、体を張ったプレーも見られたが、後半は相手のクロスや突破に苦しむ場面もあった。
 
MF
10 大島僚太 6(53分OUT)
前半は攻撃の起点となる精度の高いパスを出せていたが、53分ふくらはぎの違和感を訴え途中交代。
 
21 エドゥアルド・ネット 6.5(74分OUT)
フィジカルの強さを生かした力強い守備と、ワンツーなど攻撃面での技巧を見せたが、74分打撲による腫れが酷くなり途中交代。
 
22 ハイネル 6.5
馬力のあるドリブル突破で右サイドを疾走。2得点共に起点となるパスを出し、勝利に大きく貢献した。
 
14 中村憲剛 6.5(90+2分OUT)
相手のギャップのスペースにうまく入り込んで決定機を演出。ゴールには絡まなかったが存在感は絶大。
FW
16 長谷川竜也 6.5
立ち上がりから精力的な動きで相手のDFラインの背後を突き続け、ゴールという結果も残した。
 
11 小林 悠 7
石川直樹との1対1で相手を振り切り、精度の高いクロスを上げ、2アシストを決めて勝利を決定づけた。
 
交代出場
MF
19 森谷賢太郎 6.5(53分IN)
大島負傷による途中出場だったが、精力的に攻撃に絡み、82分には絶妙なタイミングでペナルティエリアに進入しゴールを挙げ試合を決定づけた。
 
DF
28 板倉 滉 6(74分IN)
エドゥアルド・ネットの負傷による途中出場で、目立ったプレーは無かったが、守備を落ち着かせることができた。
 
FW
20 知念 慶 -(90+2分IN)
時間が短く、ほとんどボールに触れることは無かった。
 
監督
鬼木 達 6.5
負傷者続出の中、調子の良い選手を見極め大胆に起用しのびのびとプレーさせて勝利を呼び込んだ。
 
取材・文:小林健志(フリーライター)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。