コロンビア南西部プトゥマヨ県モコアで、地滑りによる行方不明者を捜索する兵士ら。コロンビア軍提供(2017年4月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)コロンビア南西部の都市モコア(Mocoa)で3月31日夜に大規模な地滑りが発生し、これまでに206人が死亡した。さらに202人が負傷し、220人が行方不明になっているほか、住宅25棟が全壊した。赤十字(Red Cross)が最新の情報をAFPに明らかにした。

 地滑りの前に豪雨が数日間続いていた。家屋の他、橋や車両、樹木などが地滑りで流され、同国軍が撮影した被害地の映像には一面に大量の木材の残骸と茶色の泥が映し出されている。

 フアン・マヌエル・サントス(Juan Manuel Santos)大統領は1日、救助活動指揮のため一帯に森林が広がるプトゥマヨ(Putumayo)県の県都モコアを訪れ、ツイッター(Twitter)で「激甚災害」を宣言。救助と支援の迅速化を約束し、犠牲者の家族に哀悼の意を表明した。

 サントス大統領は、同国では31日夜だけで約130ミリの降水量があったと述べ、「これは月間降水量の3割が昨夜一晩で降ったということだ。そのため幾つかの川が急激に増水した」と説明した。

 国家災害危機管理局(National Disaster Risk Management Unit)のカルロス・イバン・マルケス(Carlos Ivan Marquez)局長はAFPに対し、地滑りはモコア川(Mocoa River)と支流の水位が上昇したことが原因だと述べた。同国軍は声明で、モコア川増水の結果洪水が発生して「大規模な地滑り」が起こったと発表した。

 人口約4万人の都市モコアは現在停電中で、水道も止まっているという。
【翻訳編集】AFPBB News