ジャニーズWEST

写真拡大

 Netflixのオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』(今冬放送予定)にて、ジャニーズWESTの7人全員が主演を務める。原作の『炎の転校生』は『週刊少年サンデー』(小学館)で、1983年から1985年にかけて連載されたギャグ漫画。暑苦しいキャラクターが次々と登場して、大げさなバトルが勃発……というコテコテな展開で笑わせてくれる。

(関連:A.B.C-ZとジャニーズWEST、なぜ今ファンクラブ発足? 新規ファン急増前の体制づくりか

 彼らが演じるのは謎の転校生たち。書き下ろされた脚本では、謎のエリート校『種火学園』に転校してきた7人全員が偶然にも同じ“駆(カケル)”という名前。全国の問題がある学校に転校生として潜入し、学校を改善するという極秘ミッションを遂行しながら、炎の転校生ナンバーワンを目指して熱血バトルを繰り広げるのだという。

 『炎の転校生』のようなギャグ漫画が原作のドラマに、ナチュラルなやりとりがコントになってしまうジャニーズWESTがキャスティングされたのも、大いにうなづける。彼らは、ツアー中のホテルで濱田崇裕がシャワーを浴びているところに、桐山照史が乱入して水の張っていないバスタブにIN。テンションが上がった小瀧望も入ってきた……なんていうギャグ漫画に負けない日常が、ライブMCで語られる。しかも、これまでも全員で舞台を創り上げた経験を持ち、デビュー前の関西ジャニーズJr.時代を含めれば、数多くのドラマや映画で共演を重ねてきた。長年培われた絆で、息の合った笑いを生み出せるグループなのだ。

 監督を務めるのは、李闘士男。藤井流星の初主演ドラマ『アゲイン!!』(TBS系)を手がけており、神山智洋も出演していたことから、ジャニーズWESTらしい素のやりとりも見ているはず。監督自身「今まで出さなかった奥の手も禁断の手も解禁せざるを得ない。NetflixでしかやれないジャニーズWESTになる!」と意気込みのコメントを寄せているところをみると、7人のハチャメチャな姿が見られるのではないかと期待が高まる。

 だが、今回の発表で一番驚いたのが「ジャニーズがネットドラマ?」という部分だ。これまで、ジャニーズではタレントの肖像権を守るために、ネットに対して慎重な対応をしていることで有名だった。ジャニーズアイドルが掲載されている雑誌の情報をアップするときも、表紙写真でさえ切り抜かれたような画像加工がなされる。さらに、記者会見の現場でも、Web媒体用に彼らなしのカットを撮影するのが常識になっているほどだ。

 もちろん、ジャニーズアイドルがネット配信限定のオリジナルドラマに出演するのは、もちろん今回が初。これは大きな変化と見てもいいのではないか。そして本作は、なんと世界190カ国で配信されるのだそう。重岡大毅も「このドラマをきっかけに“ジャニーズWEST”というグループ名もまだ知らない方に知っていただくいいチャンスだと思います」とコメント。まさに、先輩たちとは違った切り口で人気を集めていくキッカケになるかもしれない。

 無断複製や転載など、ネットには懸念される部分も多々ある。違法アップロードを通報しても、すぐに再アップされて……と、いたちごっごも否めない。そんなリスクを懸念して、一切立ち入らないというのもひとつの手段だ。だが、ジャニーズがWeb戦略を上手に取り入れることができたら、もっとアイドルたちの良さが世界中に伝えられるはず。もったいないとも思うのだ。

 ジャニーズWESTには、日本語、英語、中国語が話せる中間淳太もいる。濱田や神山のダイナミックなアクロバットやダンスは、言語の壁を越えて人々を魅了する力がある。日本人離れしたビジュアルの藤井や小瀧がいれば、いわゆる日本男児らしい役が似合う、演技派の重岡や桐山の存在も光る。もしかしたら彼らの可能性は、ネットを通じた海外にこそ広がっているかもしれないのだ。まずは本作で、ジャニーズWESTの真骨頂ともいえるジャパニーズ“ワチャワチャ”を見せつけ、関西から世界へ。一発かましてくれることを、期待している。(佐藤結衣)