シュート0本に終わった大久保。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ5節]FC東京 3-3 鳥栖/4月1日/味スタ

 鳥栖戦のFC東京は明らかに攻撃が上手くいっていなかった。3ゴールを奪ったとはいえ、崩したと言えるのは阿部のチャンスメイクからP・ウタカがヘッドで決めた同点ゴールのみ。2点目と3点目は鳥栖のミスが絡んだ得点だった。
 
 当然ながら、シュート0本に終わった大久保の表情に笑みはない。流動的なアタックを仕掛けられない要因のひとつとして、このベテランストライカーはボランチとの連係を挙げていた。
 
「ボランチとの距離は遠いよね。出てこいって言っているし、細かいパス回しができなければ、もっと走れ、出して走れ、倒れるまで走れ、代わりはおるから、って言っているけど、頭が回っていない。
 
 身体は無駄に動いている。声も無駄に出す。でも、効率よく動いていない。声を思いっきり出すぐらいなら、アクションを起こしてほしい。こっちは見えているから。どんどん流動的に意図的にみんなが走れば相手のマークもずれてくるし、空いてくる。
 
 サイド攻撃は本当に素晴らしいチームだから、それを生かすためにも中を一回使いたいよね」
 
 サイドと中の使い分けも然り、局面に適したインテリジェンスなプレーが今のFC東京には求められる。

【PHOTO】FC東京×鳥栖の美女サポーターたち♡