理想の出会いは「飛行機の隣の席に...」。女子の本音はいまも昔も変わらずにピュア

写真拡大

SNSで簡単に人とつながれるいま。

でも、運命の出会いだけは、ドラマティックであってほしい。

そう思っているのは、私だけではなかったみたい。

理想の出会いかたは「飛行機の隣の席に...」

恋愛応援コミュニティ「ワクワク」は、アラサー独身女性1,000人に、理想の出会いかたについて調査をしました。

第1位は、「同じ飛行機の隣同士に座った素敵な男性と、旅行の観光スポットで再会した」だそうです。わかるー!

好みのタイプの男性が隣の席になって、「この人と一緒に旅行できればいいのに...」なんて密かに思っていたら、旅先の街でばったり会う。こんなことが本当にあったら、運命の人に間違いないと思ってしまいます。

非日常なシチュエーションでの出会いは人気

第2位にランクインしたのは、「新幹線で隣の素敵な男性が、私の荷物を棚に上げてくれた」です。

1位、2位ともに旅先での出来事。「非日常」なシチュエーションのほうが、より偶然っぽくて奇跡的な感じがするからでしょうか。

続いて第3位は、「本屋で偶然同じ本を手に取ろうとして手が触れ合った人が素敵な男性だった」。ベタで王道だけど、可能性がゼロではないのでキュンキュンします。

第4位の「マンションの隣の部屋に素敵な男性が引っ越してきた」なんて、1年後にはふたりで一緒に住む部屋へ引越ししてしまうかも...とか想像できそうですし、第5位の「階段から落ちそうになったところを、素敵な男性が支えてくれた」は、ぎゅっと強く包みこんでもらえるなら、落ちそうになるのも悪くないかも。

5位までの結果を見てみると、たしかに「理想の出会い」と聞かれれば、リアリティのあるSNSやシェアハウスでの出会いより、偶然から生じるシチュエーションのほうが、運命を感じられそう。

いまも昔も、女子の気持ちは変わらない

恋愛学の権威、早稲田大学の森川友義教授によると、

今回のランキングの特徴として、旅先やBARでの出会いなど、トレンディドラマや少女漫画で昔から親しまれているような「非日常的な出会い」が上位にランクインしていることがあげられる。

ここから読み取れるものは、女性が求める出会いはいまも昔も不変的であり、いわゆるテンプレート化された出会い方は、デジタル化が進む現代でも変わらず求められており、人間の内心は時代が変化しようとも変わらないということ

なのだそう。

やっぱり、運命の出会いは特別であって欲しい。そんな女子のピュアな気持ちは、どんなに時が経っても変わらないようです。

[アラサー独身女性が求める「男性との理想の出会い方」ベスト10]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・保湿もやり方によっては無駄?盲点だった肌ケア #sponsored

・NEXT「アナ雪」。観たら歌いたくなる映画『モアナと伝説の海』を観てきました #sponsored

・一日がうまくまわりはじめる。明日のための「夜」の新習慣 #sponsored