写真提供:マイナビニュース

写真拡大

月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、先週のダウンロード数を集計してランキングをお届け! 今回は少年コミック編をお送りします。数週間にわたって首位を独走し続けてきた新世代ハーレム漫画『終末のハーレム』がついに王者陥落。バレーボールの新たな魅力を描いた『ハイキュー!!』が、烏野高校の勢いそのままに1位となりました。

○異形の魔法使いと少女の不器用な恋、西洋のおとぎ話のような世界観にも注目

10位 『魔法使いの嫁』(ヤマザキコレ/マックガーデン)

「世の中に魔法使いをテーマにした素敵なお話はたくさんありますが、この物語はとくに世界観が素敵で、引き込まれます」「二人の考え方だったり、気持ちだったりが変わっていく描写も細かくて読みごたえがあります」(レビューより)

○考え抜かれた設定にも注目! 異次元からの侵略者と戦う最新型SFアクション

9位 『ワールドトリガー』(葦原大介/集英社)

「遅効性SFとキャッチフレーズがあるくらい、読めば読むほど引き込まれる物語です。主人公達に負けず劣らず脇役隊員にも見せ場があり、読んでいてわくわくします。物語序盤はもどかしいところもあると思いますが、話が展開するほどおもしろいです」「架空の世界観でありながら、キャラクターや設定が細かく作りこまれており、リアリティを感じる作品です。とはいえSFアクションものならではの爽快感やスピード感は勿論あって、テンポが良く飽きずに読み進めました。まだまだ気になる人間関係や伏線が沢山あって、これからの展開が非常に楽しみです」(レビューより)

○アニメも絶好調! 運命の二人が異世界の化物に挑むバトルアクション・ファンタジー

8位 『双星の陰陽師』(助野嘉昭/集英社)

「今まで読んだいろんな陰陽師のお話に比べると斬新な世界感があります。全てのケガレを祓う神子を産むと予言され、双星(夫婦)の称号を与えられた中学2年生の2人がいろんな葛藤を抱えながら絆を深め、大きな驚異と戦い成長していくストーリーです。読み出したら止められずに一気読みしました(汗)。とにかく面白い! ハマります!!」(レビューより)

○沢村栄純がついにセンバツ甲子園デビュー、大人気野球漫画の第2部

7位 『ダイヤのA act2』(寺嶋裕二/講談社)

○濃〜いキャラたちが繰り広げる、超壮大な千夜一夜ファンタジー

6位 『マギ』(大高忍/小学館)

「最初はふつうの冒険ファンタジーかと思っていましたが、なかなかどうして。色々とテーマが深い部分もあって、早く続きが観たいです」「質の高いヒューマンストーリーを読んでいるような感じ。絵はあまり好みではないですが……キャラクターも個性があっていい。各所で人気の理由がわかった気がする」(レビューより)

○いつもの日常が突然終わりを告げる、悪夢のバイオレンス・サバイバル

5位 『神さまの言うとおり弐』(藤村緋二 金城宗幸/講談社)

「最初は、前作の続きではありません。こちらの主人公のがヒーローぽいかも。途中から前作キャラ主人公も出現して、物語は繋がります。たくさん死んじゃうけど夢や希望があるかも。グロいけど、クサい。悲しいけど、楽しい。私は好きカナ」(レビューより)

○琴がテーマ、なのにスポ根もの顔負けの青春ストーリーに目が離せない!

4位 『この音とまれ!』(アミュー/集英社)

「音楽マンガ・和楽器マンガ、今までも面白いモノたくさんありましたがテンポ感がバツグン! キャラクター1人1人にバックグラウンドがあり、それが重たすぎず伏線として長すぎず、とても小気味良かった。悩み多きオトナ達にもオススメの、スカッとする作品だと思います」「アラフォー女子ですが、いつもワクワクして何度も読み返しています。私も高校時代を大好きな友だちと過ごしましたが、ここまで熱中できるものはなかったので、彼らがうらやましくなります」(レビューより)

○50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

3位 『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

○おあがりよ! お色気も見どころの新世代料理マンガ

2位 『食戟のソーマ』(佐伯俊 森崎友紀 附田祐斗/集英社)

「絵がとても綺麗でキャラクターもイケメン、美少女がたくさん出てきます。が、何より料理がおいしそう…見てるだけでヨダレ出そうです」「画力が半端なくて、スピード感あふれる描写が抜群に上手く、女の子が可愛いです」(レビューより)

○脇役にもドラマ! 魅力的なキャラたちが躍動する新世代バレーボール漫画の金字塔

1位 『ハイキュー!!』(古舘春一/集英社)

「キャラがみんないいやつ!! かっこよくて、たまに泣けて、そして笑い……。もっと早くから出会いたかったマンガです! 主人公の日向くんのバレーが上達していく姿をぜひ読んでほしいです」「人気なのでとりあえずって感じで、正直あまり期待してなかったのですが……、めっっっちゃ面白いです。主人公だけでなくしっかり脇役にもスポットあててたりとか、作者さんの描写がうますぎ」(レビューより)

明日は少女コミック編をお届けします。