センバツ制覇!大阪桐蔭出身のJリーガーって誰?

写真拡大 (全2枚)

第89回選抜高等学校野球大会の決勝が1日に行われ、大阪桐蔭が履正社との大阪対決を制し5年ぶり2度目の優勝を遂げた。

大阪桐蔭といえば過去に数多のプロ選手を輩出してきたスポーツの名門校だが、そこにサッカー部が創設されたのは2005年のこと。しかし、創部4年目に全国高等学校サッカー選手権大会に初出場を果たすなど、わずか10年ほどで10名のプロフットボーラーを輩出している。

今回はそのなかで、Jリーグに加入した9名をご紹介しよう。

満生 充

(23期生・平成19年度卒)

2008-2009 水戸ホーリーホック
2014-2016 藤枝MYFC
現役引退

京都のジュニアユースからサッカー部が創設されたばかりの大阪桐蔭へ。卒業後にJ2の水戸ホーリーホックに加入し、同高出身初のJリーガーとなった。同級生にはWBC日本代表の中田翔(日本ハム)がいる。

阿部 浩之 

(23期生・平成19年度卒)

2012-2016 ガンバ大阪
2017〜 川崎フロンターレ

満生と同じく第一期生で、創部3年目の2007年に主将として同校を初のインターハイ出場に導いた。その後、複数のJクラブからオファーがあるなか2012年にガンバ大阪へ加入、2014年には三冠に大きく貢献している。ちなみに野球部の西谷浩一監督は、3年間担任だったらしい。

高須 英暢 

(25期生・平成21年度卒)

2010 川崎フロンターレ
現役引退

大阪桐蔭出身のサッカー選手としてJ1クラブとプロ契約を結んだのは彼が最初。スピードとパンチの効いた左足が武器の選手として期待されたが、怪我により1年で退団し現役を引退した。

田中 パウロ淳一

(27期生・平成23年度卒)

2012-2013 川崎フロンターレ
2014-2015 ツエーゲン金沢
2016〜 FC岐阜

大阪桐蔭時代にボルドーの練習に参加したことのあるアタッカー。母がスペイン系フィリピン人というハーフだが登録名の「パウロ」は本名ではなく、同じ田中姓である闘莉王の父パウロさんに風貌が似ているからだという。

福村 貴幸 

(25期生・平成21年度卒)

2010-2015 京都サンガ
2015-2016 清水エスパルス
2017〜 FC岐阜

高2だった2009年にU-18日本代表候補に選出された経験を持つ。2011年に京都サンガへ加入し、初年度からサブの3、4番手として出場機会を得て、後にレギュラーに定着した。

江口 直生

(25期生・平成21年度卒)

2014-2016 愛媛FC
2017〜 ブラウブリッツ秋田

大阪桐蔭、大阪産業大学を経て、2014年に愛媛FCへ加入。大学4年時には7ゴール中6点をフリーキックで決めるなど、精度の高いセットプレーが持ち味の1つ。

久保田 和音 

(30期生・平成26年度卒) 

2015〜 鹿島アントラーズ

大阪桐蔭の卒業生で一番最近プロになったのが彼。身長こそ小柄だが高い技術と長短のパスを使ったゲームメイクを武器にする攻撃的MF兼ボランチだ。

三浦 弦太 

(28期生・平成24年度卒) 

2013-2016 清水エスパルス
2017〜 ガンバ大阪

3年時のインターハイでベスト4入りし大会優秀選手に。その後、清水へ加入した。昨年はリオ五輪の候補となり、本大会には選ばれなかったものの、今季加入したガンバで存在感を示している。同校初の日本代表入りに期待がかかる。

白井 康介

(28期生・平成24年度卒)

2013-2015 湘南ベルマーレ
2013 福島ユナイテッドFC
2015〜 愛媛FC

緩急をつけたドリブル突破が持ち味で、高校時代に「浪速のロッベン」の異名をとったアタッカー。三浦弦太と同期で3年時にはプリンスリーグ、インターハイなどで活躍している。