愛されることと、愛すること、どちらを選ぶべき?

写真拡大



こんにちは!恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。今回はこちらの女性から寄せられたご相談についてお答えしていきます。

「好きな人がいます。でも、他の男の子に告白され続けていて、1度付き合ってから破局したものの、結局OKしてしまいました。彼とはまだ付き合ったばかりですが、好きな人のことばかり考えてしまって、彼氏とは会いたいと思わないのに好きな人には会いたいと思ってしまいます。別れるには早すぎるけど自分の気持ちに正直になりたいです。でも、そんなことしていいのなと考えてしまいます。どうしたらいいのでしょうか。」

片思いをしていても、恋が実るかどうかはわかりませんよね。そんなときに、自分のことを「好きだ」と言ってくれる男性が現れたら、気持ちが傾いてしまいますよね。ではいったい、相談者様はどんな行動を取れば心はすっきりするのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

■【好きな人がいることを彼に正直に話す】

これはとても心苦しいことかもしれませんが、気持ちがないまま彼と付き合っていっても、お互いにつらいだけです。もしかしたら過去にも「好きな人がいる」と伝えたことがあるのかもしれませんが、改めてしっかり“今の気持ち”を彼に伝えましょう。「あなたの気持ちは本当に嬉しかったし、決して嫌いになったわけではない。でも、このまま無理に付き合っていても、あなたのことも苦しめてしまうだけになるから、ここでけじめをつけたい。」など、彼から逃げるわけではなく、気持ちを受け取った上で真剣に考えた結果だということを伝えられると良いですね。

■【彼に罪悪感を持たなくて大丈夫です】

きっと今お付き合いしている彼の熱いアプローチに答えようと思って、押しに負けたところもあるのかもしれませんね。「もしかしたら好きになれるかもしれない…」と、ちゃんと彼の気持ちを受け取ろうとしたんですよね。彼の思いを適当に流したりせずに向き合った結果、好きな人を越える存在にはなれなかったということでしょう。2度も付き合って「彼と向き合ってみよう」としたわけなので、ここで気持ちが入らなくても罪悪感を持つ必要はありません。こればかりはどうしようもないことなので、罪悪感を持ったり、申し訳ないからと言ってダラダラと付き合うことは避けましょう。仕方ないと割り切って、自分の気持ちに素直であることが大切です。

■【しっかり好きな人に向き合って】

ここで一番大事なのは、やっぱり好きな人に向き合うことでしょう。ここに関しては相談内容の文章では触れていませんでしたが、おそらく付き合えるかどうかわからない状況だからこそ、告白したり本気で向き合う姿勢をまだとっていなかったのかもしれませんね。確かに本気の相手との恋愛では不安な気持ちが先行しやすく、なかなか素直にアプローチできないこともあるでしょう。だけど、結局目をそらしても、好きな人に会いたい気持ちやそばにいたい気持ちは消えません。今回の件でそれは充分わかったと思います。今後は自分に嘘をつかないで、素直に好きな人を追いかける強い心を持ちましょう。自分のことをいくら大好きだと言ってくれる人がいても、心から好きな人に対しての気持ちは消えないのです。(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(泉三郎/カメラマン)