寛宏芸術提供

写真拡大

(台北 1日 中央社)台湾でもヒットを記録したアニメーション映画「君の名は。」の魅力を紹介する展覧会が3月29日、台北市内で開幕した。名シーンを再現し、来場者を作品の世界に引き込む。

会場では、同作の絵コンテや登場キャラクターの手書き資料、精巧な風景カットなど貴重な制作資料が展示される。期間は6月11日まで。

同作は昨年10月に台湾で公開。興行収入は封切りから10日間で1億台湾元(約3億6700万円)を突破し、2週目の興行成績は台北地区で1位に輝いた。

同展は昨年10月から今年3月にかけて、長野・小海町、岐阜・飛騨市、東京・銀座でも開かれた。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)