大逆転で3大会ぶりの優勝を果たした羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

自身のフリー歴代最高を更新、合計321.59点でSP5位から逆転、2位宇野とW表彰台

 フィギュアスケートの世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)は1日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の羽生結弦(ANA)が自身の歴代最高得点を更新する223.20点で合計321.59点。大逆転で3大会ぶりの優勝を果たした。

 最終グループの1番滑走で登場した羽生は4回転を4本成功、ジャンプもすべて着氷をノーミスで決めるなど、完璧な演技を披露した。223.20点(技術点126.12点、演技構成点97.08点)を叩き出し、フリーの世界最高得点をマーク。得点が表示された瞬間、羽生は信じられないといった表情で喜びを爆発させた。

SP2位の宇野昌磨(中京大)は合計319.31点の2位。SP3位のボーヤン・ジン(中国)が合計303.58の3位。SP1位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は合計301.19点の4位で3連覇はならなかった。