プジョー3008新車情報・購入ガイド
クリーンディーゼル車投入されず! ガソリン車だけではジリ貧状態となる訳とは?【ニュース・トピックス:プジョー】

写真拡大

やや高価過ぎた先代の3008。背が高くても抜群の乗り心地

 プジョー は、コンパクト SUV である3008 をフルモデルチェンジし発売を開始した。今回のフルモデルチェンジで新型3008は2代目となる。

 初代プジョー3008は、2010年に日本に投入された。プジョー3008は、プジョー初となるクロスオーバー車としてデビューした。3008という車名からも分かる通り、ハッチバック の308をベースとしたクロスオーバー車だ。外観デザインは、意外なほど308とは差別化されていて独自性の高いモデルだった。ボディサイズも308と比べると全高だけでなく、全長&全幅とも大きくなっていた。

 デビュー当時に用意されたエンジンは、BMW との共同開発された1.6Lターボと6ATが組み合わされ、なかなかパワフルでスムースな走りを披露した。こうしたコンパクトSUVは、人気が高まていたこともあり、価格は400万円を切っていたもののやや強気な設定となった。

 しかし、日本マーケットでプジョーのブランド力はそれほど高くなかったこと。さらに、日本マーケットには、まだコンパクトSUVブームが本格的に訪れていなかったこともあり厳しい販売状況となる。その結果、3008はリーズナブルな価格設定をした特別仕様車が度々出ることになる。

 ただし、乗り味はさすがプジョー。ボディや大きく重くなり、全高が上がり重心高の高いモデルでも、ハッチバックの308を凌ぐ乗り味を披露。背が高いSUVであったものの気持ちよく走れるフットワークをもっていた。

まるで、コックピットのような斬新なインテリア

 新型プジョー3008のボディサイズは、全長4,450×(+85)全幅1,840×(+5)全高1,630mm、ホイールベースは2,675个箸覆辰拭先代3008と比べると全長が+85弌∩管が+5mm、全高が-5弌▲曠ぁ璽襯戞璽垢蓮60个箸覆辰拭先代より、やや伸びやかなプロポーションとなっている。

 外観デザインは、先代3008のイメージを継承しつつ、直立したフロントフェイスと大型グリル、長くフラットなボンネット、高いウェストラインとワイドなプロテクター、大径18インチアロイホイールを組み合わせ、よりタフで力強いSUV感をアピールしている。先代3008が、どちらかというとSUVらしくないデザインが採用されていただけに、新型3008はかなりたくましく見える。また、タフさの表現だけでなく、ヘッドライトと3D LED リヤコンビランプデザインで先進性をアピールしている。

 インテリアデザインは、まさにコックピットといった印象でかなり斬新なものとなった。計器類のほとんどがドライバー方向に傾斜が付けられ、センタコンソールもドライバーを包み込むような左右非対称なデザインが採用されている。

 プジョーが呼ぶ新世代New i-Cockpitは、デジタルヘッドアップインストルメントパネルが採用されている。デジタルグラフィクスによる美しく躍動感ある動きにより、情報を伝達する高画質12.3インチデジタルディスプレイは、目的に合わせた4つのディスプレイモードから選択可能だ。

 ダッシュボード中央には、8インチタッチスクリーンが設置され、オーディオ、電話、エアコン、ナビゲーション、ドライビングアシストなどの操作が可能。ただ、タッチスクリーンは、揺れる車内では正確に操作することが難しく、センタコンソール部分では視線移動量も大きく安全面では少々疑問が残る。

 そして、操作系ではタッチスクリーン下にピアノの鍵盤のようなトグルスイッチを配置。全ての機能を直感的に操作することを可能とした。ステアリングホイールも新デザインが採用された。より小さく握りやすいものとなった。このステアリングホイールは、上下部分をややフラットにしてドライバーの視界と足下のスペースを最大化している。

歩行者検知式自動ブレーキを標準装備化するなど、安全性能が向上!

 やや遅れていた自動ブレーキを含む先進予防安全装備は、新型3008になりアクティブセーフティブレーキが全車に標準装備された。その他、レーンキープアシストやアクティブブラインドスポットモニターシステム、フロント&バックソナー、インテリジェントハイビーム、アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)なども用意され、安全性と利便性を向上させている。アクティブセーフティブレーキは、歩行者検知式で標準装備化した点は高く評価できる。

 新型プジョー3008には、4WD の設定が無くFF(前輪駆動)のみ。最近では、FFのSUVの人気が高い。ただ、よりラフロードでの走破性高めるためにアドバンスドグリップコントロールが用意された。これは、横滑り防止装置の延長線上にある制御技術で、駆動輪へのエンジントルクとブレーキを制御して滑りやすい路面での走行をサポートする。路面状況に合わせ「スノー」、「マッド(泥、ぬかるみ)」、「サンド(砂地)」のモードをセレクト可能。最適なトラクション性能を得ることができる。また、新しく追加された「ヒルディセントコントロール」は、急な下り坂で繊細なブレーキングをすることなく低速(約5km/h以下)で安定して下降することが可能だ。

 そして、SUVである以上重要なのはラゲッジスペース。新型プジョー3008は、520Lのラゲッジスペースが用意された。。開口部と一体のラゲッジフロアで、サイドの張り出しが少ないスクエアなスペースとなり使いやすさは良好。ワンタッチラゲッジルームフラット機能、前方可倒式助手席バックレスト、ハンズフリー電動テールゲートなどの上級装備もある。ただし、絶対的なスペース面ではフォルクスワーゲン ティグアン が615Lという巨大なスペースをもっている。ただし、 メルセデス・ベンツGLA は421Lとかなり狭い。そうした点からみれば、標準的と言えるスペースといえるだろう。

 新型プジョー3008は、コンパクトSUVに分類されるが、最小回転半径は5.6mと国産5ナンバーミニバン 並みとなっており、狭いところでの使い勝手は良いとは言えない状況。フォルクスワーゲン ティグアンは5.4m、トヨタC-HR は5.2mだ。もう少し、日本では小回りが効くと使いやすい。

ガソリン車の即購入はNG!? 本命のクリーンディーゼル車が登場するのを待て!

 新型プジョー3008に搭載されたエンジンは、1.6Lターボのみ。残念ながら、クリーンディーゼル の搭載は見送られている。この1.6Lターボエンジンは、165ps&240Nmを誇り、6ATと組み合わされている。車重は1,460〜1,500圓箸笋篏鼎い、十分なパワーとトルクと言えるだろう。燃費は14.5/Lとなっており、まずまずといった燃費値となった。

 まずまずの燃費値となった新型プジョー3008だが、もはやクリーンディーゼル車でないとエコカー減税の恩恵を受けれるレベルではない。さらに、ガソリン車はハイオク仕様となるため、燃料費経済性は優れているとはいえない。そうしたことを踏まえ、BMWは、ミニ クロスオーバー にガソリン車の設定をしなかったほどだ。新型プジョー3008も早急にクリーンディーゼル車を導入することが望まれるだろう。

 新型プジョー3008のグレード選び。まず、新型3008の購入はしばらく待ったほうがいいだろう。ガソリン車は、エコカー減税の恩恵も無ければハイオク仕様のため燃料費は高くなるので、お勧めできない。新型3008には、欧州では当然クリーンディーゼル車も用意されている。また、プジョーは308にクリーンディーゼル車を用意しているので、3008にもクリーンディーゼル車が用意されるのは時間の問題だろう。

 それでも、あえてガソリン車を選ぶというのであれば、限定車となるが3008 GT Line DEBUT EDITIONを選ぶしかないという状況。350万円越えのクルマなのに、他のグレードには、アクティブクルーズコントロールが装備されていないし、オプションでも選択することができないからだ。交通量や渋滞が多い日本の道では、やはりアダプティブクルーズコントロールは疲労軽減に絶大な効果を発揮する。それだけに、これだけの高級車なのに、こうした装備が未だ付いていないのでは物足りなくなってしまうからだ。価格が400万円となるところが悩みどころだ。

プジョー3008価格

■プジョー3008価格
・3008 Allure 3,540,000 円
・3008 Allure LEDパッケージ 3,690,000 円
・3008 Allure DEBUT EDITION (限定80台) 3,980,000 円
・3008 GT Line DEBUT EDITION (限定180台) 4,000,000 円

プジョー3008燃費、スペックなど

代表グレードプジョー 3008 Allure
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)4,450×1,840×1,630mm
ホイールベース[mm]2,675mm
車両重量[kg]1,460kg
総排気量[cc]1,598cc
最高出力[kw(ps)/rpm]121(165)/6,000rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1,400-3,500rpm
ミッション6速AT
JC08モード燃費[km/l]14.5km/l
定員[人]5人
税込価格[円]3,540,000円
発売日2017/3/13
レポート編集部
写真プジョー

この記事をCORISMで読む→