サッカー2026年W杯、アジア出場枠は4.5から8へ大幅拡大

写真拡大

 FIFA(国際サッカー連盟)は3月30日、2026年に開催されるサッカーW杯の出場国数が、現行の32から48へ拡大されることに伴う大陸別出場枠を発表した。これによると、アジアの出場枠は現行の4.5から8へと大幅に拡大する。正式には5月9日にバーレーンで行われるFIFA理事会で承認され、決定する見込みだ。日本は今後の継続的なW杯出場に向けて、これ以上ない追い風を受けることとなりそうだ。

 サッカーW杯出場国数の拡大は既に今年1月に決まっており、アジア出場枠の大幅増も期待はされていた。他の大陸では、アフリカが5から9、オセアニアが0.5から1、ヨーロッパが13から16、北中米が3.5から6、南米が4.5から6へと、それぞれ増える見込み。残り2枠はヨーロッパ以外の大陸間でのプレーオフとなる。

 今回の発表を見ても明らかなのは、アジアとアフリカの優遇である。これに比べて、レベルの高い国がひしめくヨーロッパや南米はわずかな増加に留まっている。インファンティノFIFA会長と各大陸連盟の会長により話し合ったとは言え、偏っている感はある。

 意図するところは、これにより出場が見込みやすくなった中国や中東からの資金の流入であろうという批判もある。本大会でのリーグ戦では明らかなレベルの差や試合としての質の低下も懸念される。サッカーファンや関係者から既に提起されていた課題は、これでより確かなものとして浮かび上がりそうである。